コブラの襲撃ポーズ シャシャンカ・ブジャンガサナ【ヴァジラサナのヨガ10

ヴァジラサナをご紹介します《コブラの襲撃ポーズ》

ヴァジラサナ・グループ Vajrasana Group of Asanas ヴァジラサナ・グループ Vajrasana Group of Asanas

シャシャンカ・ブジャンガサナ
SHASHANK BHUJANGASANA शशांक भुजंगासन

《コブラの襲撃ポーズ》

 
コブラの襲撃ポーズ
 

マルジャリアサナ のポーズをとる。
そこから シャシャンカサナ のポーズにもっていき、腕は肩幅で床についていること。
手の位置はそのままで、ゆっくりと鼻から胸が床をはうようにしてスライドさせる。
腕をまっすぐのばし胸を前にだし上につき出す。
恥骨は床についているか、できるだけ近づける。
ここで ブジャンガアサナ をとり、数秒間呼吸を止める。
ゆっくりと腰をあげ、元のシャシャンカサナの位置にもどる。
これで1ラウンドとする。
次のラウンドを行う前にしばらく体を休めリラックスさせる。
5~7ラウンド行う。

Breathing:前にスライドしながら吸気。
ブジャンガアサナで呼吸を止め、シャシャンカサナに戻りながら呼気。

Awareness:Physical- 呼吸と動作をシンクロナイズさせることに。
Spiritual- スヴァディスタナ・チャクラ
に。

Sequence:このアサナはシャシャンカアサナの後に行い、続けて タダサナ を行うとよい。

Benefits:ブジャンガサナとシャシャンカサナと同じような効果が得られる。
さらに背部の柔軟性をやしなうのにとてもいい。
このアサナで骨盤部、腹部に働きかけ 月経異常 など女性生殖器系の不調にとてもいい。
内臓器管、とくに肝臓、腎臓などの調節に役立つ。
さらに、腰痛、背部痛、脊髄の問題も緩和させることができる。

Practice note:手のポジションは初めから終わりまで同じ位置をキープすること。

 


 
ラクダのポーズ

ラクダのポーズ(ウシュトラサナ)【ヴァジラサナのヨガ13】

ラクダのポーズやり方説明。このポーズは消化器系と生殖器系に働きかけることができる。背部痛、腰痛、猫背にとてもいいエクササイズとなる。咽喉部が大きくストレッチされるため甲状腺の働きを調節する。

勇士のポーズ

勇士のポーズ ヴィーラサナ【ヴァジラサナのヨガ6】

勇士のポーズやり方説明。このアサナで心のバランスをとる。集中力を養い、思考がはっきり明確になってくる。いつも考え事が止まらずコントロールできないような人に。腎臓、肝臓、生殖器系、消化器系の臓器に働きかけることができる。

陶酔のポーズ

陶酔のポーズ アナンダ・マディラサナ【ヴァジラサナのヨガ2】

アナンダ・マディラサナ-陶酔のポーズやり方説明。このポーズは心を落ち着かせ、神経系をリラックスさせる。アジナ・チャクラを覚醒させる。深くゆっくりした呼吸で。

猫の伸びのポーズ

猫の伸びのポーズ(マルジャリ・アサナ)【ヴァジラサナのヨガ7】

猫の伸びのポーズやり方説明。このアサナは女性生殖器を健康にたもち、月経異常や白帯下などによく、生理中には生理痛をやわらげてくれる。呼吸と動作がシンクロナイズするように。脊柱の柔軟性に。

呼吸均衡ポーズ

呼吸均衡ポーズ パダディラサナ【ヴァジラサナのヨガ3】

呼吸均衡ポーズやり方説明。このアサナはプラナヤマの前に行われることがある。瞑想のように行うこともできる。鼻孔からの呼吸の流れのバランスを整える。