拝伏のポーズ プラナマサナ【ヴァジラサナのヨガ11】

ヴァジラサナをご紹介します《拝伏のポーズ》

ヴァジラサナ・グループ Vajrasana Group of Asanas ヴァジラサナ・グループ Vajrasana Group of Asanas

プラナマサナ PRANAMASANA प्रणामासन

《拝伏のポーズ》

 
拝伏のポーズ
 

ヴァジラサナ ですわり、両手で両足首をつかむ。
ゆっくり前かがみになり、膝の前で頭の頂点(百会)を床につける。
腿が床と垂直になるまで腰を高くし、顎は胸に押しつける。
このポーズで5~20秒静止する。
腰を下げ シャシャンカサナ でしばらく休んでからヴァジラサナに戻る。
これを5回くりかえす。

Breathing:ヴァジラサナから腰をあげるまで吸気。
前かがみで頭を床につけるまで呼気。
最終ポジションでは呼吸を止めるか、数秒以上ポーズをとるなら自然呼吸で。

Awareness:Physical- 呼吸と動作がシンクロナイズすることに。血液が頭部に流れていくことに。
Spiritual- サハスララ・チャクラ に。

Contra-indication高血圧症めまい のある人、首の弱い人はこのアサナは行わないこと。

Benefits:このポーズで頭部への血流をよくする。
シルシャサナ(ヘッドスタンド)の前に行うことで急激な頭部への血流と血圧に対して順応しやすくなる。
シルシャサナと同じような効果が得られるが、もっと穏やかではある。
このポーズで胸を広げ、肺への空気の入りをよくし、喘息 の管理にはとてもよいエクササイズとなる。
喘息発作時にも有効である。

 


 
勇士のポーズ

勇士のポーズ ヴィーラサナ【ヴァジラサナのヨガ6】

勇士のポーズやり方説明。このアサナで心のバランスをとる。集中力を養い、思考がはっきり明確になってくる。いつも考え事が止まらずコントロールできないような人に。腎臓、肝臓、生殖器系、消化器系の臓器に働きかけることができる。

ヴァジラサナ

金剛杵のポーズ ヴァジラサナ【ヴァジラサナのヨガ1】

ヴァジラサナ-金剛杵のポーズやり方説明。このポーズで腰部の血行をよくし、筋肉を鍛え、神経を刺激することができる。消化機能を整え、とくに胃酸過多や胃潰瘍には効果的である。このポーズは努力しなくても背筋がまっすぐになるため瞑想にとてもいいアサナのひとつである。

猫の伸びのポーズ

猫の伸びのポーズ(マルジャリ・アサナ)【ヴァジラサナのヨガ7】

猫の伸びのポーズやり方説明。このアサナは女性生殖器を健康にたもち、月経異常や白帯下などによく、生理中には生理痛をやわらげてくれる。呼吸と動作がシンクロナイズするように。脊柱の柔軟性に。

ラクダのポーズ

ラクダのポーズ(ウシュトラサナ)【ヴァジラサナのヨガ13】

ラクダのポーズやり方説明。このポーズは消化器系と生殖器系に働きかけることができる。背部痛、腰痛、猫背にとてもいいエクササイズとなる。咽喉部が大きくストレッチされるため甲状腺の働きを調節する。

仰臥金剛杵のポーズ

仰臥金剛杵のポーズ(スプタ・ヴァジラサナ)【ヴァジラサナのヨガ14】

仰臥金剛杵のポーズやり方説明。このポーズで内蔵のマッサージ効果が得られ、消化器系の不調や便秘など軽減できる。また、創造力と思考力が高められ、性的エネルギーが促進される。