半ラクダのポーズ(アーダ・ウシュトラサナ)【ヴァジラサナのヨガ12】

ヴァジラサナをご紹介します《半ラクダのポーズ》

ヴァジラサナ・グループ Vajrasana Group of Asanas ヴァジラサナ・グループ Vajrasana Group of Asanas

アーダ・ウシュトラサナ ARDHA USHTRASANA अर्ध उष्ट्रासन

《半ラクダのポーズ》

 
半ラクダのポーズ
 

ヴァジラサナ で座り、膝と足首を骨盤の幅くらいに広げ、膝で立つ。腕は横に。
息を吸いながら腕を横から肩の高さまであげる。
それから、息を吐きながら右にひねり、右手で左足首または踵をつかむ。
同時に左手は前方、目の高さに伸ばす。
腹部を前につきだし、腿は床と垂直を保つようにする。
このポジションで左手を見つめ、呼吸を止めて数秒間。
息を吸いながらスタートのポジションに戻る。
同じ動作を左右入れ替えて行う。これで1ラウンド。
3~5ラウンド行う。

Awareness:Pysical- 背部・頸部のストレッチに。Variation1では呼吸に集中する。
 Spiritual- アナハタ・チャクラ または ヴィシュッダ・チャクラ に。

Benefitsウシュトラサナ と同じ効果で、もう少し穏やか。

Variation1:最終ポジションを呼吸を止めずに自然呼吸で行い一定時間おく。

Variation2:基本と同じ動作で呼吸を変えてみる。
息を吸いながら最終ポジションにもってくる。
数秒、間呼吸を止め、息を吐きながら元のポジションにもどる。
基本では背部を強化するが、この場合は腹部を強化することになる。

Vriation3:ビギナー向けには、右手で右踵をつかみ、左手で左足踵をつかむようにする。 踵を少し上にあげるようにするとさらに簡単にできる。

Variation4:体をツイストさせたとき、前に伸ばした腕を上に挙げてみる。
手の先を見つめたまま、頭は後ろにそるようになる。

 


 
コブラの襲撃ポーズ

コブラの襲撃ポーズ シャシャンカ・ブジャンガサナ【ヴァジラサナのヨガ10】

コブラの襲撃ポーズやり方説明。このアサナで骨盤部、腹部に働きかけ 月経異常など女性生殖器系の不調にとてもいい。内臓器管、とくに肝臓、腎臓などの調節に役立つ。背部の柔軟性をやしなうのにとてもいい。

ラクダのポーズ

ラクダのポーズ(ウシュトラサナ)【ヴァジラサナのヨガ13】

ラクダのポーズやり方説明。このポーズは消化器系と生殖器系に働きかけることができる。背部痛、腰痛、猫背にとてもいいエクササイズとなる。咽喉部が大きくストレッチされるため甲状腺の働きを調節する。

仰臥金剛杵のポーズ

仰臥金剛杵のポーズ(スプタ・ヴァジラサナ)【ヴァジラサナのヨガ14】

仰臥金剛杵のポーズやり方説明。このポーズで内蔵のマッサージ効果が得られ、消化器系の不調や便秘など軽減できる。また、創造力と思考力が高められ、性的エネルギーが促進される。

猫の伸びのポーズ

猫の伸びのポーズ(マルジャリ・アサナ)【ヴァジラサナのヨガ7】

猫の伸びのポーズやり方説明。このアサナは女性生殖器を健康にたもち、月経異常や白帯下などによく、生理中には生理痛をやわらげてくれる。呼吸と動作がシンクロナイズするように。脊柱の柔軟性に。

呼吸均衡ポーズ

呼吸均衡ポーズ パダディラサナ【ヴァジラサナのヨガ3】

呼吸均衡ポーズやり方説明。このアサナはプラナヤマの前に行われることがある。瞑想のように行うこともできる。鼻孔からの呼吸の流れのバランスを整える。