ラクダのポーズ(ウシュトラサナ)【ヴァジラサナのヨガ13】

ヴァジラサナをご紹介します《ラクダのポーズ》

ヴァジラサナ・グループ Vajrasana Group of Asanas ヴァジラサナ・グループ Vajrasana Group of Asanas
 

 

ウシュトラサナ USHTRASANA  उष्ट्रासन

《ラクダのポーズ》

 
ラクダのポーズ
 

ヴァジラサナ ですわる。膝で立ち、腕は横に。
両足は閉じておくが、少し開いてもよい。
体を後ろにそらし、ゆっくり右手で右足踵をつかみ、左手で左足踵をつかむ。
腹部を前につきだし、腿は床と垂直に保ち、頭は後ろにそらす。
体重は両手と両膝の4点に同量おくようにする。
全身リラックスさせる。とくに背中は力を入れずにストレッチさせること。
このポジションで可能なかぎり続ける。
スタートのポジションに戻るときはゆっくりと両手を同時に離す。

Breathing:自然呼吸で。
最終ポジションでは肺が広がっているので、深く呼吸する必要はない。

Duration:最終ポジションで3分。
ダイナミックアサナとして、これを3回まで行うことができる。

Sequence:このアサナを行った後には背中の緊張を取り除くため、前屈のアサナを続けて行うことが重要。
シャシャンカサナ へは ヴァジラサナ からそのまま移行できるので最適なポーズといえる。

Contra-indications:強度の腰痛や背部痛がある人はこのアサナは行わないこと。
甲状腺腫がある人も注意が必要。

Benefits:このポーズは消化器系と生殖器系に働きかけることができる。
特に 便秘 などには効果的。
背部痛、腰痛、猫背にとてもいいエクササイズとなる。
咽喉部が大きくストレッチされるため甲状腺の働きを調節する。

 


 
月のポーズ

月のポーズ シャシャンカサナ【ヴァジラサナのヨガ9】

月のポーズやり方説明。背中の筋肉のストレッチとそれぞれの椎間板の圧迫を解き放つ。副腎機能を整え、骨盤を支える筋肉を鍛える。男女ともに生殖器系の問題を軽減させることができる。

コブラの襲撃ポーズ

コブラの襲撃ポーズ シャシャンカ・ブジャンガサナ【ヴァジラサナのヨガ10】

コブラの襲撃ポーズやり方説明。このアサナで骨盤部、腹部に働きかけ 月経異常など女性生殖器系の不調にとてもいい。内臓器管、とくに肝臓、腎臓などの調節に役立つ。背部の柔軟性をやしなうのにとてもいい。

猫の伸びのポーズ

猫の伸びのポーズ(マルジャリ・アサナ)【ヴァジラサナのヨガ7】

猫の伸びのポーズやり方説明。このアサナは女性生殖器を健康にたもち、月経異常や白帯下などによく、生理中には生理痛をやわらげてくれる。呼吸と動作がシンクロナイズするように。脊柱の柔軟性に。

仰臥金剛杵のポーズ

仰臥金剛杵のポーズ(スプタ・ヴァジラサナ)【ヴァジラサナのヨガ14】

仰臥金剛杵のポーズやり方説明。このポーズで内蔵のマッサージ効果が得られ、消化器系の不調や便秘など軽減できる。また、創造力と思考力が高められ、性的エネルギーが促進される。

ヴァジラサナ

金剛杵のポーズ ヴァジラサナ【ヴァジラサナのヨガ1】

ヴァジラサナ-金剛杵のポーズやり方説明。このポーズで腰部の血行をよくし、筋肉を鍛え、神経を刺激することができる。消化機能を整え、とくに胃酸過多や胃潰瘍には効果的である。このポーズは努力しなくても背筋がまっすぐになるため瞑想にとてもいいアサナのひとつである。