ヨガ, ヴァジラサナ・グループ

ラクダのポーズ(ウシュトラサナ)【ヴァジラサナのヨガ13】

ヴァジラサナをご紹介します《ラクダのポーズ》

ヴァジラサナ・グループ Vajrasana Group of Asanas ヴァジラサナ・グループ Vajrasana Group of Asanas

 

ウシュトラサナ USHTRASANA  उष्ट्रासन

《ラクダのポーズ》

 
ラクダのポーズ
 

ヴァジラサナ ですわる。膝で立ち、腕は横に。
両足は閉じておくが、少し開いてもよい。
体を後ろにそらし、ゆっくり右手で右足踵をつかみ、左手で左足踵をつかむ。
腹部を前につきだし、腿は床と垂直に保ち、頭は後ろにそらす。
体重は両手と両膝の4点に同量おくようにする。
全身リラックスさせる。とくに背中は力を入れずにストレッチさせること。
このポジションで可能なかぎり続ける。
スタートのポジションに戻るときはゆっくりと両手を同時に離す。

Breathing:自然呼吸で。
最終ポジションでは肺が広がっているので、深く呼吸する必要はない。

Duration:最終ポジションで3分。
ダイナミックアサナとして、これを3回まで行うことができる。

Sequence:このアサナを行った後には背中の緊張を取り除くため、前屈のアサナを続けて行うことが重要。
シャシャンカサナ へは ヴァジラサナ からそのまま移行できるので最適なポーズといえる。

Contra-indications:強度の腰痛や背部痛がある人はこのアサナは行わないこと。
甲状腺腫がある人も注意が必要。

Benefits:このポーズは消化器系と生殖器系に働きかけることができる。
特に 便秘 などには効果的。
背部痛、腰痛、猫背にとてもいいエクササイズとなる。
咽喉部が大きくストレッチされるため甲状腺の働きを調節する。

 

カパリ・アサナ

前額立のポーズ【逆転のヨガ・アサナ15】

前額立のポーズやり方説明。シルシャサナをとる。少しの間、バランスを十分整える。ゆっくりと頭の角度を変え、前額を床につける。ここで再びしっかりバランスをとる。

パダ・アングシュタサナ

つま先立ちのポーズ【均衡のアサナのヨガ13】

つま先立ちのポーズやり方説明。このアサナはブラマチャリヤを行うのに大変役立つ。生殖器官を調節し精液漏を予防する。そして、扁平足にとても良く、爪先と踵を鍛えるのにもいい。

立位のヨガアサナ

【立位のアサナのヨガ】ヨガ・セラピー

立位のヨガ・アサナ Standing Asanas 座っている時間が長い人、背部のこりや痛みがある人などにはとてもいいエクササイズである。背部、肩部そして下腿のストレッチと筋力強化作用がある。瞑想中の姿勢で背筋が伸びた状態を保つのを助け、呼吸の容量を増やすことができる。

ヴァジラサナ

金剛杵のポーズ ヴァジラサナ【ヴァジラサナのヨガ1】

ヴァジラサナ-金剛杵のポーズやり方説明。このポーズで腰部の血行をよくし、筋肉を鍛え、神経を刺激することができる。消化機能を整え、とくに胃酸過多や胃潰瘍には効果的である。このポーズは努力しなくても背筋がまっすぐになるため瞑想にとてもいいアサナのひとつである。

バッタのポーズ

バッタのポーズ【反曲のヨガ・アサナ7】

バッタのポーズやり方説明。このアサナは自律神経に大きく作用する。特に副交換神経を活発にさせる。腰部を鍛え、坐骨神経痛、<腰痛、椎間板ヘルニアにはとてもよい。肝臓など内蔵を整え、胃腸病を軽減させ、食欲を回復させることができる