陶酔のポーズ アナンダ・マディラサナ【ヴァジラサナのヨガ2】

ヴァジラサナをご紹介します《陶酔のポーズ》

ヴァジラサナ・グループ Vajrasana Group of Asanas ヴァジラサナ・グループ Vajrasana Group of Asanas

アナンダ・マディラサナ ANANDA MADIRASANA आनन्द मदिरासन

《陶酔のポーズ》

 

陶酔のポーズ
 

ヴァジラサナで座る。
手掌で踵を触れる。指先が内側を向いていること。
頭から背中は真っ直ぐに。
目を閉じたまま視線を眉と眉の間に。
全身リラックスさせる。

Breathing:深くゆっくりした呼吸で。
呼吸が眉間からアジナ・チャクラに出たり入ったりするイメージで。

Awareness:Physical- はじめは呼吸に、じゅうぶんにリラックスしてきたら眉間に。
Spiritual- アジナ・チャクラ に。

Benefits:ヴァジラサナと同じ。さらに心を落ち着かせ、神経系をリラックスさせる。
アジナ・チャクラを覚醒させる。

 


 
拝伏のポーズ

拝伏のポーズ プラナマサナ【ヴァジラサナのヨガ11】

拝伏のポーズやり方説明。このポーズで頭部への血流をよくする。胸を広げ、肺への空気の入りをよくし、喘息の管理にはとてもよいエクササイズとなる。

勇士のポーズ

勇士のポーズ ヴィーラサナ【ヴァジラサナのヨガ6】

勇士のポーズやり方説明。このアサナで心のバランスをとる。集中力を養い、思考がはっきり明確になってくる。いつも考え事が止まらずコントロールできないような人に。腎臓、肝臓、生殖器系、消化器系の臓器に働きかけることができる。

仰臥金剛杵のポーズ

仰臥金剛杵のポーズ(スプタ・ヴァジラサナ)【ヴァジラサナのヨガ14】

仰臥金剛杵のポーズやり方説明。このポーズで内蔵のマッサージ効果が得られ、消化器系の不調や便秘など軽減できる。また、創造力と思考力が高められ、性的エネルギーが促進される。

ラクダのポーズ

ラクダのポーズ(ウシュトラサナ)【ヴァジラサナのヨガ13】

ラクダのポーズやり方説明。このポーズは消化器系と生殖器系に働きかけることができる。背部痛、腰痛、猫背にとてもいいエクササイズとなる。咽喉部が大きくストレッチされるため甲状腺の働きを調節する。

コブラの襲撃ポーズ

コブラの襲撃ポーズ シャシャンカ・ブジャンガサナ【ヴァジラサナのヨガ10】

コブラの襲撃ポーズやり方説明。このアサナで骨盤部、腹部に働きかけ 月経異常など女性生殖器系の不調にとてもいい。内臓器管、とくに肝臓、腎臓などの調節に役立つ。背部の柔軟性をやしなうのにとてもいい。