ヨガ, ヴァジラサナ・グループ

ライオンの遠吠えポーズ Roaring Lion【ヴァジラサナのヨガ5】

ヴァジラサナをご紹介します《ライオンの遠吠えポーズ》

ヴァジラサナ・グループ Vajrasana Group of Asanas ヴァジラサナ・グループ Vajrasana Group of Asanas

 

シムハガルジャナサナ SIMHAGARJANASANA

《ライオンの遠吠えポーズ》

 
ライオンの遠吠えポーズ
 

ヴァジラサナ で座り、両膝を45cmくらい開く。
可能であれば太陽をが向いて行う。
両膝の間で手を床につける。指先は自分の方に向け、手掌を下に。

体幹を少し前に傾け、まっすぐ伸ばした腕に体重がかかるように。
目を開き、眉間を見つめる(シャムバヴィ・ムードラ)。
口は閉じていること。全身リラックスさせる。
ゆっくり深く鼻から息を吸い、吸い終わる時に口を開け舌を顎にむけて出す。
ゆっくり息を吐きながら口を大きく開き、咽から”あああ…”とはっきりとした音を続けて出す。
息を吐き終わるとき口を締めて息を吸う。これで1ラウンド。

Breathing:吸気は鼻からゆっくりと。呼気は口からゆっくり”あああ…”の音をだしながら。

Duration:通常1日5ラウンド。このアサナはいつ行ってもよい。セラピー目的では10~20ラウンド。
1ラウンドごとに目、口、舌を少し休ませながら行う。

Awareness:Physical- 吸気時には呼吸を意識し、呼気時には音と咽への振動に。
Spiritual- ヴィシュッダ・チャクラアジナ・チャクラ に。

Benefits:このアサナは喉頭、咽頭、目、鼻、耳においてのすべての病気・不調和を軽減させる。
胸部の緊張をゆるめる。
太くきれいな声をつくる。
また、神経質で内向的な性格に悩む人にもとてもいい。

 

速スクワットポーズ

速スクワットのポーズ【立位のアサナのヨガ9】

速スクワットポーズやり方説明。このアサナで背中と足の筋肉が鍛えられる。定期的にこのエクササイズを行うことで、坐骨神経痛や椎間板ヘルニアなどの腰痛予防になる。普段、座っている時間が長い人は、毎日行うといい。

エカ・パダ・プラナマサナ

片足立位合掌ポーズ【均衡のアサナのヨガ1】

片足立位合掌ポーズーエカ・パダ・プラナマサナやり方説明。このアサナは神経バランスを向上させる。足、足首を鍛える。最初から最後まで常に自然呼吸。アジナ・チャクラまたはアナハタ・チャクラに。

満コブラのポーズ

満コブラのポーズ【反曲のヨガ・アサナ4】

満コブラのポーズやり方説明。このアサナは大人、もしくは12歳以上の年齢に達していることが望ましい。両膝を曲げ、足先を上げる。頭、首、肩をさらに後ろにストレッチさせ、頭部が足指か足裏につくようにする

頭部足先ポーズ

頭部足先ポーズ【前曲のヨガ・アサナ10】

頭部足先ポーズやり方説明。体幹を右に捻り、右足先を右外に向け開く。腰から上を前に倒し、両腕を高く上にそらせストレッチさせる。頭を床上の右足親指に近づける。右の膝を少し曲げてもよい。

動的背部伸展ポーズ

動的背部伸展ポーズ【前曲のヨガ・アサナ3】

GATYATMAK PASCHIMOTTANASANA गत्यात्मक पश्चिमोत्तानासन 動的背部伸展ポーズやり方説明。この動的アサナにより血行を促進、代謝を高める。さらに身体の柔軟性を高め、生命力を強化させることができる。動作と呼吸のシンクロナイズ