ヨガ, ヴァジラサナ・グループ

トラのポーズ Tiger Pose【ヴァジラサナのヨガ8】

ヴァジラサナをご紹介します《トラのポーズ》

ヴァジラサナ・グループ Vajrasana Group of Asanas ヴァジラサナ・グループ Vajrasana Group of Asanas

 

ヴャグラサナ Vyaghrasana व्याघ्रासन

《トラのポーズ》

 

トラのポーズヴャグラサナ
 

ヴァジラサナ のポーズをとる。
そこから マルジャリアサナ になり、目線は前面。
全身リラックスさせる。
右足を伸ばし、上に反らせる。膝を曲げ、足指が頭につくようにする。
頭部も後ろにそらせる。ここで数秒間、呼吸を止める。
右足をスウィングさせ上から下にさげる。
同時に背中を丸め、右足は床から少し浮いていること。
そのまま右膝を胸に押し当て、鼻先が膝にふれるようにする。
数秒間は膝を凝視する。
再び足を上に持ち上げストレッチ。
膝を曲げ、ゆっくりスウィングを繰り返す。
左足でも同じ動作を。

Breathing:上にストレッチさせる時に吸気。
膝を曲げている時に呼吸を止め、スウィングして膝を胸にもってくる時に呼気。

Duration:左右5回づつ行う。

Awareness:Physical- 呼吸と動作がシンクロナイズしていることに。
Spiritual- スヴァディスタナ・チャクラ に。

Benefits:このアサナは背中をゆるめ、脊髄神経にとてもよい。
とくに 坐骨神経痛 ある人には下腿を弛め、神経痛を緩和させる。
女性生殖器官にいいエクササイズでもあり、産後、とくに多産の女性にはおすすめできる。
腹部をストレッチするため消化を助け血行をよくする。
また、腰から下腿の脂肪燃焼させる。

 

橋のポーズ

橋のポーズ【反曲のヨガ・アサナ15】

橋のポーズやり方説明。両足を前に出して座る。骨盤の横、後ろに30cmくらいのところで手掌を床につける。指先は後方を向いていること。肘を伸ばしやや上体をろらせておく。

立位スウィングポーズ横

立位スウィングのポーズ【立位のアサナのヨガ13】

立位スウィングポーズやり方説明。このアサナで疲労回復と血行をよくし、自律神経を調節できる。背部とハムストリングのストレッチ、腰をゆるめ、内蔵のマッサージにもなる。リンパの流れをよくし、毒出し作用にもなる。とくに脳に効く。

陶酔のポーズ

陶酔のポーズ アナンダ・マディラサナ【ヴァジラサナのヨガ2】

アナンダ・マディラサナ-陶酔のポーズやり方説明。このポーズは心を落ち着かせ、神経系をリラックスさせる。アジナ・チャクラを覚醒させる。深くゆっくりした呼吸で。

純弓のポーズ

純弓のポーズ【反曲のヨガ・アサナ9】

純弓のポーズやり方説明。腰痛にはとてもいいエクササイズである。呼吸器に問題がある人にもよい。このポジションで苦痛を感じない程度に時間をとる。つ伏せで呼吸が落ち着くまでリラックスさせる。

勇士のポーズ

勇士のポーズ ヴィーラサナ【ヴァジラサナのヨガ6】

勇士のポーズやり方説明。このアサナで心のバランスをとる。集中力を養い、思考がはっきり明確になってくる。いつも考え事が止まらずコントロールできないような人に。腎臓、肝臓、生殖器系、消化器系の臓器に働きかけることができる。