ヨガ, ヴァジラサナ・グループ

月のポーズ シャシャンカサナ【ヴァジラサナのヨガ9】

ヴァジラサナをご紹介します《月のポーズ》

ヴァジラサナ・グループ Vajrasana Group of Asanas ヴァジラサナ・グループ Vajrasana Group of Asanas

シャシャンカサナ SHASHANKASANA शशांकासन

《月のポーズ》

 
月のポーズ
 

ヴァジラサナ のポーズで座る。手は腿の上におく。
目を閉じ、頭から背筋をまっすぐにし、リラックスする。
息を吸いながら、両腕を肩幅に開き、まっすぐ頭上にあげる。(左図)
腕から背中がまっすぐ一直線になる。
息を吐きながら、腰から上をまっすぐにしたままで前かがみに倒す。
前額と手掌は(可能であれば同時に)床につける。
伸ばしていた腕は自然にゆるめ、肘を床につける。
全身リラックスさせ、ここで5秒間呼吸をとめる。(右図)
ゆっくり息を吸いながら、上体をおこす。
腕は頭上で、背筋までまっすぐに。
息を吐きながら前にたおす。
これを1ラウンドとし、3~5ラウンド繰り返す。

Duration:初心者は前にたおしたときのポーズの時間を徐々に増やしていき、最低3分間まで練習する。怒りや神経がいらだっているような人は10分間まで延長。自然呼吸で。

Awareness:Physical- 呼吸と動きをぴったり合うわせるように。
前かがみのときはお腹が腿にあたる圧力を感じる。
Spiritua- :マニプラ・チャクラスヴァディスタナ・チャクラ に。

Contra-indication:重度の 高血圧 の人、椎間板ヘルニアの人、
めまい のひどい人はこのアサナは行わないこと。

Benefits:背中の筋肉のストレッチとそれぞれの椎間板の圧迫を解き放つ。
多くの背・腰痛は脊髄神経が椎間板により圧迫されて招いていることから、
このポーズにより背・腰痛が解消される。
また、副腎機能を整え、骨盤を支える筋肉を鍛える。
さらに、男女ともに生殖器系の問題を軽減させることができる。
日常的にこのアサナを行うことで便秘の解消にもつながる。
前かがみのときにウッジャイを取り入れることで、怒りがおさまり、頭を冷やしてくれる。

 

魚のポーズ

魚のポーズ【パドマサナのヨガ2】

マツヤサナ(魚のポーズ)やり方。このアサナは内蔵のストレッチとなる。背部の血行をよくするため脊椎炎や背部の凝りにもとてもよい。甲状腺と胸腺にも働きかけることができ、免疫力アップにつながる。

肩のポーズ

肩のポーズ【反曲のヨガ・アサナ12】

肩のポーズやり方説明。脊椎を調整するのにいい。猫背など。腰痛、背部痛。さらに、腹部のストレッチ作用で内蔵のマッサージ効果が得られる。女性の生殖器官を調整でき、特に、流産しやすい人にはいいエクササイズである。

アーダ・チャンドラサナ

半月のポーズ【反曲のヨガ・アサナ13】

半月のポーズやり方説明。このアサナは身体全体を弛め、活気づける。特に女性の卵巣、子宮、尿路の問題に対してとてもいいアサナである。首、胸にストレッチを与えるため呼吸器官の問題(風邪、咽頭炎などを含む)にとてもいいエクササイズとなる。

猫の伸びのポーズ

猫の伸びのポーズ(マルジャリ・アサナ)【ヴァジラサナのヨガ7】

猫の伸びのポーズやり方説明。このアサナは女性生殖器を健康にたもち、月経異常や白帯下などによく、生理中には生理痛をやわらげてくれる。呼吸と動作がシンクロナイズするように。脊柱の柔軟性に。

仰臥金剛杵のポーズ

仰臥金剛杵のポーズ(スプタ・ヴァジラサナ)【ヴァジラサナのヨガ14】

仰臥金剛杵のポーズやり方説明。このポーズで内蔵のマッサージ効果が得られ、消化器系の不調や便秘など軽減できる。また、創造力と思考力が高められ、性的エネルギーが促進される。