ヨガ・セラピー

ヨガ・セラピー


ヨガとは? YOGA ヨガとは? YOGA

ヨガはただの古臭い、宗教くさい哲学ではありません。
今、そして今後、最も必要であると思われる古くから伝わる貴重な教えなのです。

ヨガは日々の生活の中に取り入れていくサイエンスです。
健やかに調和を保つためのサイエンスなのです。
わたしたちの身体、活力、精神、感情、魂、スピリットと、あらゆる側面へ働きかけてくれます。

ヨガ yoga योग という言葉はサンスクリット語で”統一”という意味で、語源が、yuj युज् ”結び付ける”という意味を持っているものです。

この統一、または結び付ける、というのはスピリチャルな意味で、わたしたちの個々のコンシャスネスをユニバーサル・コンシャスネスと統一させることを表しています。
もっとわかりやすいレベルでは、ヨガはわたしたちの身体と心と感情のバランスをとり調和させてくれるものです。
高次の存在と統一できるところに達する前に、バランスと調和が必要なのです。
それはアサナ、プラナヤマ、ムードラ、バンダ、シャットカルマ、そして瞑想を通して行われます。

ヨガは肉体からメンタル、感情のレベルへとつながっていきます。
多くの人々がストレスからくる様々な問題を抱え日々過ごしています。
ヨガはこれらを解決してくれるものというよりは、しっかり乗り切れるような自分になっていく方法だといえます。
ヨガを続けていくことで、肉体と感情、精神の相互関係がわかるようになってきます。
そしてそれらがどのように係わり合い、影響しあっているかも見えてくるようになります。
身体を包みめぐるプラナの存在にも敏感になってくるはずです。

ラジャヨガ、ハタヨガ、ニャーナヨガ、カルマヨガ、バクティヨガ、マントラヨガ、クンダリニヨガなどのヨガスタイルが存在しますが、自分にぴったり合うものを選んで続けることです。
現在、もっとも行われていて、一般的にヨガといわれているエクササイズがハタヨガのアナサです。
もともとのハタヨガはシャットカルマというクレンジング方法だけでした。
後にハタヨガはアサナ、プラナヤマ、ムードラ、バンダが加えられ確立されてきたものです。

ヨガの歴史

ヨガは10000年前にはあったと言われています。
インダス文明のハラッパーやモヘンジョダロの遺跡には、シヴァ神とパールヴァティーがポーズをとっている像や瞑想していると思われる像が見つかっています。
神話によるとシヴァ神がヨガを始め、パールヴァティーが最初の弟子だったと伝えられています。
シヴァ神は至高のコンシャスネスのシンボルとして考えられています。
またパールヴァティーは至高の知識・意思・活動のシンボル、これらはすべての創造を司っているものです。
これは、生命力エネルギー、万物に潜在している”クンダリニ・シャクティ”として知られています。また、パールヴァティーはユニバースの母とも考えられています。個々の魂がこの世で姿かたちをつくり身体を持つのも、また解放されユニバースのコンシャスネスと一つとなるのも、パールヴァティーの恩寵によりなされることです。タントラでの解放の秘儀をパールヴァティーが伝えているのです。
シヴァをエナジー”シャクティ”から引き離すことができないように、ヨガとタントラは引き離すことはできません。तन्त्र

タントラ तन्त्र は、2つの言葉から成り立っています。”広がる”という意味のタノティ तनोति と、”解放”という意味のトラヤティ त्रायति です。

 

アサナ Asana アサナ Asana
ヨガアサナ

▷ 初級 Biginners Group

▷ 中級 Intermediate Group

▷ 上級 Advanced Group

❖ プラナヤナ Pranayama

❖ バンダ Bandha

❖ ムードラ Mudra

❖ シャットカルマ Shatkarma

 


 
鋤のポーズ

【逆転のヨガ・アサナ】ヨガ・セラピー

逆転のアサナは重力に反して行う動作で、いつも足元に向かって引っ張られているものが、頭部に向かうものである。精神的感情のレベルでも全て上下が逆さまになり、それまでの人格や行動パターンに新しい光を注ぎ込む。

動的前曲アサナ

手足のポーズ(立位前屈アサナ)【前曲のヨガ・アサナ9】

手足のポーズやり方説明。頭部への血流を増やし、下垂体と甲状腺への血行を促進させる。新陳代謝を活発にさせ生命力を高める。集中力を向上させ、鼻、咽の疾患にもよい。動的に行うことで肥満解消(ダイエット)につながる。

ヨガ・セラピー

ヨガはただの古臭い、宗教くさい哲学ではありません。ヨガは日々の生活の中に取り入れていくサイエンスです。わたしたちの身体、活力、精神、感情、魂、スピリットと、あらゆる側面へ働きかけてくれます。

両手挙上ポーズ

両手挙上ポーズ【立位のアサナのヨガ1】

両手挙上ポーズやり方説明。このシンクロザイズされた深い呼吸で体内により多くの酸素を送り込むことができる。心臓が強化され全身の血行がよくなる。腕と肩のストレッチと肺の拡張に

蓮肩立ポーズ

蓮肩立ポーズ【逆転のヨガ・アサナ5】

蓮肩立ポーズやり方説明。このアサナは、特に骨盤部と内臓にストレッチとマッサージ効果を与えることができる。サルヴァンガサナをとる。最終ポジションで両足をパドマサナにする。