低血圧-病気・症状と治療


低血圧-病気・症状と治療

低血圧 Hypotension

低血圧

▪ 低血圧とは
▪ 東洋医学的な見方
▪ 家庭で出来る低血圧のお灸のツボ
▪ 低血圧の精神的および感情的要因
▪ 低血圧のヨガ・セラピー
▪ 低血圧のレイキ療法

WHO(世界保健機構)では、鍼灸治療が 低血圧 に適応であることを認めています。

低血圧の概念

低血圧とは、大循環系の動脈圧が異常に低い状態をいう。(高血圧のような明確な定義がない)
*一般に低血圧の基準は収縮期血圧が100mmHg以下。拡張期はとくに問わない。

低血圧の分類・成因

慢性低血圧

○本態性低血圧
 原因不明。
 低心拍出量型が多い。
 〔好発〕やせ型若年女性に多い。
 〔症状〕多くは無症状、不定愁訴。
(倦怠感、めまい感、頭痛、動悸、食欲不振、四肢冷感、蒼白、寝つきが悪い、朝起きにくい)

○二次性(症候群)低血圧

  • 心拍出量低下する場合
     下痢嘔吐、利尿薬投与、アジソン病 【細胞外液が減少する病態】
     粘液水腫 【交感神経に非刺激性低下】
  • 全血管抵抗低下する場合 【自律神経の機能障害】
     中枢神経…シャイ・ドレーガー症候群
     末梢神経…糖尿病性ニューロパチー、家族性アミロイドポリニューロパチー
     〔症状〕本態性低血圧の症状+原疾患の症状

一過性低血圧

○起立性低血圧
 座位や立位により収縮期圧が起立することにより20mmHg異常低下する。
 加齢とともに増加する。
 〔原因〕

○起立性

 

低血圧の東洋医学的な見方

低血圧の症状は気血の不足によって起こる。

分類

  • 《気虚》:先天の精の不足、気虚体質、飲食不節、労倦など→気虚(脈外の衛気不足)
  • 《気陰両虚》(≒気血両虚):気虚+陰虚

鍼灸治療

主として本態性低血圧に対して、愁訴の軽減を治療目標とする。
体調を整え、脾胃の機能を高め、気血を補うような治療を行う。

 

家庭で出来る低血圧のお灸のツボ(経穴・つぼ)

○お灸について »  

*症状によりツボを選ぶ。

○胃症状:風門(ふうもん)、 肺兪(はいゆ)、 心兪(しんゆ)、 肝兪(かんゆ)
○肩こり:肩井(けんせい)、 肩外兪(けんがいゆ)、 膏肓(こうこう)、
 天柱(てんちゅう)、または 風池(ふうち)

  低血圧ツボ1  低血圧ツボ2低血圧ツボ3

○胸部重圧感:陶道(とうどう)、 身柱(しんちゅう)、 神道(しんどう)、
 霊台(れいだい)、 至陽(しよう)
○四肢冷感:上肢に 膈兪(かくゆ)、 曲池(きょくち)、 手三里(てさんり)、
 侠白(きょうはく)
 下肢に 気海兪(きかいゆ)、 風市(ふうち)、 足三里(あしさんり)、
 三陰交(さんいんこう)、 解谿(かいけい)

低血圧ツボ4低血圧ツボ5

低血圧ツボ6低血圧ツボ7

低血圧ツボ8   低血圧ツボ9

 

低血圧の精神的および感情的要因

~何かやる前からどうせ失敗する、やっても無駄だ、などと思う傾向がある。
~敗北感。
~子供のころ愛情不足。

 低血圧におすすめのフラワーエッセンス

*感情・精神面のケアには… ⇒ 脳デトックス【アクセス・バーズ】がおすすめ!

 

低血圧のヨガ・セラピー

低血圧ヨガ

アサナ
 スリヤナマスカ、 ダイナミックアサナ
プラナヤマ
 すべてのプラナヤマ、とくにバストリカ
ムードラ ヴィパレータカラニムドラ
バンダ すべてのバンダ

 

低血圧のレイキ・ヒーリング(霊気療法)

レイキ・ヒーリングについて »

チャクラについて »

Chakra
  スヴァディスタナ・チャクラ Svadhistana(Sacral Chakra)

Positions
  基本ポジション+反応のあるところ、後頭部、腎臓、下肢。

低血圧レイキヒーリング2低血圧レイキヒーリング3