ヨガ, 均衡のヨガ・アサナ

ニラーランバ・パスチモッタナサナ【均衡のアサナのヨガ9】

均衡のヨガ・アサナをご紹介します《ニラーランバ・パスチモッタナサナ》

均衡のアサナ Balancing Asanas 均衡のアサナ Balancing Asanas

 

ニラーランバ・パスチモッタナサナ
NIRALAMBA PASCHIMOTTANASANA
निरालम्ब पश्चिमोतनसन

 
ニラーランバ・パスチモッタナサナ
 

両足を前に伸ばして座る。
両膝を曲げ、胸につけるようにする。足裏は床につける。
両腕を廻し、横から足裏をつかむようにする。
全身リラックスさせ、前面の一点を決め凝視する。
体幹をやや後ろに傾け、尾てい骨で支えてバランスを取りながら両足を上げていく。
膝を真っ直ぐのばし手で足を引き寄せ、膝が前額につくようにする。
この最終ポジションでは力を抜き、できるだけ背中をリラックスさせること。
ここで苦痛を感じない程度にできるだけ長い時間をとる。
ゆっくり両膝を曲げ、足裏を床につける。
両足を前に伸ばして座る。全身リラックスさせる。

Breathing:座った状態で吸気。足を上げながら~下ろすまで呼吸を止める。最終ポジションを長時間とる場合はゆっくり深呼吸。足を下ろし終わったとき呼気。

Duration:3ラウンドまで。最終ポジションは3分以内とする。

Awareness:Physical- 一点を凝視することでバランスを保ことに。
Spiritual- スヴァディスタナ・チャクラに。
Sequence:このアサナの後に ブジャンガサナマカラサナ を持ってくるとよい。

Contra-indicatiions:椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎炎、高血圧症、心臓に問題がある人はこのアサナは行わないこと。

Benefits:このアサナは パスチモッタナアサナ と同様の効果がある。

 

inverted

ニラーランバ・シルシャサナ【逆転のヨガ・アサナ13】

ニラーランバ・シルシャサナ

バランシングヨガ

【均衡のアサナのヨガ】ヨガ・セラピー

均衡のヨガ・アサナ一覧。

ラクダのポーズ

ラクダのポーズ(ウシュトラサナ)【ヴァジラサナのヨガ13】

ラクダのポーズやり方説明。このポーズは消化器系と生殖器系に働きかけることができる。背部痛、腰痛、猫背にとてもいいエクササイズとなる。咽喉部が大きくストレッチされるため甲状腺の働きを調節する。

半脊柱捻曲のポーズ

アーダ・マツイェンドラサナ【捻曲のヨガ・アサナ3】

半脊柱捻曲のポーズやり方説明。このアサナは腰痛にはとてもいい。腹部のマッサージ効果もあり消化器管を調節できる。アドレナリンや胆汁などの内分泌を調整させ、糖尿病の管理にも用いることができる。

背部伸展ポーズ

背部伸展ポーズ【前曲のヨガ・アサナ2】

背部伸展ポーズやり方説明。このアサナはハムストリングをストレッチさせ、また股関節の柔軟性を養う。腹部のマッサージ効果があり、肝臓、脾臓、腎臓、副腎など内蔵を正常な状態に保つ。