ニラーランバ・パスチモッタナサナ【均衡のアサナのヨガ9】

均衡のヨガ・アサナをご紹介します《ニラーランバ・パスチモッタナサナ》

均衡のアサナ Balancing Asanas 均衡のアサナ Balancing Asanas
 

 

ニラーランバ・パスチモッタナサナ
NIRALAMBA PASCHIMOTTANASANA
निरालम्ब पश्चिमोतनसन

 
ニラーランバ・パスチモッタナサナ
 

両足を前に伸ばして座る。
両膝を曲げ、胸につけるようにする。足裏は床につける。
両腕を廻し、横から足裏をつかむようにする。
全身リラックスさせ、前面の一点を決め凝視する。
体幹をやや後ろに傾け、尾てい骨で支えてバランスを取りながら両足を上げていく。
膝を真っ直ぐのばし手で足を引き寄せ、膝が前額につくようにする。
この最終ポジションでは力を抜き、できるだけ背中をリラックスさせること。
ここで苦痛を感じない程度にできるだけ長い時間をとる。
ゆっくり両膝を曲げ、足裏を床につける。
両足を前に伸ばして座る。全身リラックスさせる。

Breathing:座った状態で吸気。足を上げながら~下ろすまで呼吸を止める。最終ポジションを長時間とる場合はゆっくり深呼吸。足を下ろし終わったとき呼気。

Duration:3ラウンドまで。最終ポジションは3分以内とする。

Awareness:Physical- 一点を凝視することでバランスを保ことに。
Spiritual- スヴァディスタナ・チャクラに。
Sequence:このアサナの後に ブジャンガサナマカラサナ を持ってくるとよい。

Contra-indicatiions:椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎炎、高血圧症、心臓に問題がある人はこのアサナは行わないこと。

Benefits:このアサナは パスチモッタナアサナ と同様の効果がある。

 


 
踊るシバ神のポーズ

踊るシバ神のポーズ【均衡のアサナのヨガ4】

踊るシヴァ神のポーズ-ナトラジアサナ-NATARAJASANA-नतरजसन このアサナは神経系統の、身体のコントロールをバランスよくさせ、集中力を高め、足の柔軟性をつくる。ニャーナムドラで集中、バランスを保つことに。

メルダンダサナ

メルダンダサナ【均衡のアサナのヨガ8】

メルダンダサナーこのアサナは内臓、特に肝臓の調子を整え腹筋を鍛える。腸内寄生虫を除去し腸内細菌を活性化させる。便秘にはとてもよい。自律神経を調節し、背筋を強化させるため脊椎調節にもなる。

ニラーランバ・パスチモッタナサナ【均衡のアサナのヨガ9】

ニラーランバ・パスチモッタナサナー両足を前に伸ばして座る。両膝を曲げ、胸につけるようにする。足裏は床につける。両腕を廻し、横から足裏をつかむようにする。全身リラックスさせ、前面の一点を決め凝視する。

両手コブラのポーズ

両手コブラのポーズ【均衡のアサナのヨガ16】

両手コブラのポーズやり方説明。両足を45㎝開いて立つ。膝を曲げスクワットのポジションをとる。両足の間に両手をもってきて、手掌を床につける。目の高さで視線を定め、凝視する。

バカサナ

鶴のポーズ / バカサナ【均衡のアサナのヨガ6】

鶴のポーズ-バカサナやり方説明。腕を前に伸ばしながら吸気。上半身を倒しながら呼気。最終ポジションで自然呼吸。上半身を起こしながら吸気。腕を下げながら呼気。