腹痛


腹痛-病気・症状と治療

腹痛 Abdominal Pain

腹痛

▪ 腹痛とは
▪ 腹痛の東洋医学的な見方
▪ 家庭で出来る腹痛のお灸のツボ
▪ 腹痛のレイキ療法

WHO(世界保健機構)では、
鍼灸治療が
 胃腸病 に適応であることを認めています。

腹痛とは

腹部領域に感ずる疼痛の総称。

腹痛の種類と起こり方

○内臓痛

  • 虫垂炎の初期等に生じる漠然とした鈍い痛み。しばしば自律神軽症状を伴う。
  • 内臓自体に基づく疼痛で、内臓器官が炎症や虚血などによって伸展・拡張,収縮・痙筆することで生じる。
  • 自律神経求心路を介して伝えられる。
  • 疼痛部位:局在が不明、中心腺上、対称性。
  • 痛みの性状:鈍い痛み(時に強い疝痛発作)、間欠的、周期的、体動、体位変換により緩和。
  • しばしば自律神経症状を伴う。
  • 代表的疾患:各種炎症(食道炎胃炎胃・十二指腸潰瘍膵炎)、胆石症、尿路結石など。

○体性痛

  • 鋭利な刃物で切ったときに感ずる痛み。炎症が腹膜に及んだときの痛み。
  • 腹膜、腸間膜、横隔膜に炎症や機械的刺激が加わった時に起こる。
  • 体性神経を介して伝えられる。
  • この際に出現する腹膜刺激症状としてブルンベルグ徴候や筋性防御がある。
  • 疼痛部位:限局性、非対象性。
  • 痛みの性状:刺すような鋭い痛み。持続的、体動、体位変換により増強。
  • 自律神経症状少ない。
  • 代表的疾患:腹膜炎など。

○関連痛

  • 内臓痛に関連して生じるはっきりとした局在性の痛み。
  • 内臓に病変がある場合、内臓知覚反射により、体表面の特定部位に疼痛が感じられる。(知覚過敏帯、ヘッド帯)
  • 疼痛部位:離れた場所・痛みの性状:鋭い痛み、間欠的。
  • 自律神経症状あり。

腹痛の部位による主な原因疾患

   腹痛の部位

《心窩部》: 消化性潰瘍(穿孔)、胆嚢炎、肝炎急性胃炎、急性膵炎、虫垂炎(初期)など

《臍部》: 急性腸炎、虫垂炎、腸閉塞、小腸疾患、急性膵炎、腸闇膜動脈塞栓など

《右季肋部》: 胆石症、胆嚢炎、十二指腸潰瘍、右横隔模下膿瘍、肝膿瘍、肝炎、右腎盂腎炎、右腎結石など

《左季肋部》: 胃潰瘍、急性膵炎、左横隔模下膿瘍、左腎盂腎炎、左腎結石、左結腸曲症候群、脾疾患など

《右側腹部》: 右尿管結石、腸炎など

《左側腹部》: 左尿管結石、腸炎など

《右超骨窩》: 虫垂炎、クローン病、メッケル憩室炎、卵巣嚢腫茎捻転、右尿管結石、子宮外妊娠破裂、回盲部腸重積など

《左超骨窩》: S状結腸捻転、結腸憩室炎、急性腸炎、左尿管結石、虚血性大腸炎、抗生物質起因性出血性大腸炎、女性性器付属器疾患など

《下腹部》: 腸閉塞、骨盤腹膜炎、大腸炎、付属器炎など

《腹部全体》: 穿孔性腹膜炎、腸閉塞、腹部大動脈破裂、腸間膜動脈塞栓などの急性腹症、急性腸炎、過敏性大腸炎など

腹痛の東洋医学的見方

多くは寒邪の侵襲が原因。あるいは生ものや冷たいものの過食による。

臍より上部は大腹 : 《脾》《胃》と関係が深い。

臍より下部は小腹 : 《小腸》《大腸》《腎》《膀胱》《女子胞》と関係が深い

小腹の両脇は少腹 : 《肝経》に関係が深い。

《寒邪》:寒邪侵襲+生冷過食→中焦の陽気を損傷→胃気阻滞、運化失調→胃脘痛、腹痛

《食滞》:暴飲暴食+辛い物、味の濃い物の過食→飲食停滞[食滞or食積]     →胃・腸の消化・伝導作用失調→腹部の気機(胃気、腑気)が阻滞

《肝鬱》:情志失調→肝気鬱結→横逆(肝気犯胃)→ 胃気阻滞、脾胃の昇降失調
《脾陽虚》:労倦、飲食不節→脾陽不振→連化・温煦機能の失調→寒湿内滞、気血阻滞

家庭で出来る腹痛のお灸のツボ(穴・つぼ)

○お灸について »  

○胃の六つ灸〔膈兪(かくゆ)+肝兪(かんゆ)+脾兪(ひゆ)〕=胃腸疾患全般に(肝疾患にもよい)

腹痛ツボ1  腹痛ツボ2

○大腹部の疼痛に  公孫(こうそん)、滑肉門(かつにくもん)、下脘(げかん)

○臍部の疼痛に  水泉(すいせん)、気海(きかい)、天枢(てんすう)

○小腹部の疼痛に  三陰交(さんいんこう)、帰来(きらい)、関元(かんげん)

腹痛ツボ4  腹痛ツボ3腹痛ツボ5

腹痛のレイキ・ヒーリング(霊気療法)

レイキ・ヒーリングについて »

チャクラについて »

Chakras
  マニプラ・チャクラ Manipura(Solar plexus Chakra)
  スヴァディスタナ・チャクラ Svadhistana(Sacral Chakra)

Positions
  基本ポジション+反応のあるところ、腹部、腰部。

腹痛レイキヒーリング2 腹痛レイキヒーリング6

火を使わないお灸 30コ入り