胃癌-病気・症状と治療


胃癌-病気・症状と治療

胃癌 Gastoric cancer

胃潰瘍

▪ 胃癌とは
▪ 東洋医学的な見方
▪ 家庭で出来る胃癌のお灸のツボ
▪ 胃癌の精神的および感情的要因
▪ 胃癌のヨガ・セラピー
▪ 胃癌のレイキ療法
▪ 胃癌の食事法

American Cancer Society(アメリカ癌協会)では、レイキ療法 を 補完代替医療 の一つとして紹介しています。

胃癌とは

胃粘膜の上皮細胞に発生する悪性腫瘍。
90%以上が腺癌。
胃癌は転移しやすい癌の1つ。

伝統的にわが国は胃癌の多発国。 近年、減少傾向。
多くは40歳以降に発生、60歳>50歳>40歳 (男女比1:1)
好発部位は下部(前庭部)、中部(胃体部)の順に多い。

胃癌の病理

  • 早期胃癌:癌浸潤が粘膜下層に留まるもの。
    大きさ、リンパ節転移の有無は問わない。
  • 進行胃癌:癌細胞が漿膜にまで浸潤したもの。
    分類;肉眼的形態に基づくボールマン分類。

胃癌の原因

不明

関与…ヘリコバクターピロリ菌感染。
【「Hpは決定的な発癌の危険因子である」WHO(1994)】
  …ニトロソアミン。
【保存料や発色剤を使用した海産魚介類加工食品に生成しやすい発癌性物質】

胃癌の症状

特殊な症状はない。
心窩部痛、食欲不振、胸やけ、体重減少etcがしばしばみられるが、これは併存する潰瘍に起因する症状。

〔初期〕無症状。
〔進行〕→吐血・下血、貧血、癌腫瘤の触知。
 (癌性腹膜炎を起こした場合)腹水→腹部膨隆、呼吸困難

胃癌の進展

  • 直接浸潤(漿膜浸潤) 【癌細胞が漿膜を破ると隣接臓器こ浸潤し、膵臓、横行結揚などを侵す】
  • 腹膜播種(腹腔内転移) 【漿膜を破った癌細胞が腹腔内にばらまかれて定着、腹膜に転移巣を形成】
     癌性腹膜炎→腹水
     クルーケンベルグ(Krukenberg)腫瘍…両側性に卵巣転移
     シュニッツラー(Schnitzler)転移…ダグラス窩に転移巣を形成
  • 血行性転移
     肝臓(最多)、肺、骨、脳など
  • リンパ行性転移
     胃の所属リンパ節
     左鎖骨上窩リンパ節…ウィルヒョウ転移

胃癌の予後

〔早期胃癌〕非常に良好…10年生存率90%以上。
〔進行胃癌〕予後に最も影響を及ばす因子は癌の深達度。漿膜を破ると10年生存率30%

 

胃癌の東洋医学的な見方

《肝胃不和》

《脾胃虚寒》

《胃熱傷陰》

《脾胃陽熱》

 

家庭で出来る胃癌のお灸のツボ(経穴・つぼ)

至陽(しよう)、 梁門(りょうもん)、 中脘(ちゅうかん)、 気海(きかい)
胃の六つ灸=膈兪(かくゆ)、肝兪(かんゆ)、脾兪(ひゆ)

胃癌ツボ1胃癌ツボ2

  胃癌ツボ3  胃癌ツボ4

 

胃癌の精神的および感情的要因

○癌全般

~深く傷ついた。
~長年抱え込んだ、憤り、うらみ。
~大きな隠し事、心配などが自己破壊となっている。
~増悪を抱えている。
~”いったい何のために?”

○胃

~恐怖。
~新しいことへの不安感。
~新しいことをこなせない、消化吸収できない。

*感情・精神面のケアには… ⇒ 脳デトックス【アクセス・バーズ】がおすすめ!

 

癌のヨガ・セラピー

胃癌ヨガ

○癌全般

アサナ: パワンムクタサナ1、 スリヤナマスカ
プラナヤマ: ナディショッダナ、 ブラマリ、 ウッジャイ
シャットカルマ: トラタカ
その他: アメロリ、 瞑想、 ヨガニドラ

 

胃癌のレイキ・ヒーリング(霊気療法)

レイキ・ヒーリングについて »

チャクラについて »

Chakras
  マニプラ・チャクラ Manipura(Solar plexus Chakra)
  アナハタ・チャクラ Anahata(Heart Chakra)
  ムーラダラ・チャクラ Muladhara(Root Chakra)

Positions
  基本ポジション+反応のあるところ、みぞおち、背部、肝臓、腎臓、脾臓。

  胃癌レイキヒーリング1    胃癌レイキヒーリング2

   胃癌レイキヒーリング3  胃癌レイキヒーリング4

 

胃癌の食事法

食事法
〔主食〕玄米飯、玄米はと麦飯、小麦胚芽、玄米胚芽とはと麦粉のすいとん・だんご・お好み焼き、そば粉のお好み焼き、そばがき、玄米もち、玄米草もち、あわもち、など。よくかんで口の中で200回噛むつもりでゆっくり時間をかけて食べる。
〔副食〕わかめ、ゆり根、ねぎ、にらなどのみそ汁に焼いた玄米もちを一個入れ、やわらかく煮て食べる。海藻料理は毎日少量食べる。梅干、たくあん、野菜の油いため、大根・れんこん・人参など野菜(特に根菜類)を消化のいいように工夫して食べる。肉食過剰の患者にはクローバー・よもぎ・はこべ・ゆきのした等の青汁をとり、1日コップ半杯くらい飲むと有効。食事が通らない患者には穀類を炒っておかゆに炊き、裏ごしした流動食がよい。玄米スープ、はと麦スープ、そばスープなどもよい。梅干や梅酢、麩(漂白したり、ふくらし粉を使っていないもの)、グルテンミートなど。
〔飲物〕はと麦茶、小豆湯、そば湯、すぎな茶、ビワの葉茶など