メニエール病-病気・症状と治療

メニエール病-病気・症状と治療

メニエール病 Meniere’s disease

メニエール病

WHO(世界保健機構)では、鍼灸治療が メニエール病 に適応であることを認めています。

メニエール病の概念

耳鳴、難聴を伴うめまい発作を反復する疾患で、中枢障害や原因がわかっている疾患が除外できるもの。

メニエール病の病態

何らかの理由で内リンパ嚢における吸収が滞り、過剰になった内リンパ液によって水腫が形成される → 水腫がコルチ器の有毛細胞を圧迫 → 感音難聴、耳鳴り

メニエール病の疫学

ストレスとの関連が示唆されている。
先進国で多発、専門技術職に多い、働き盛りの30~40歳代に好発。
ストレスを生みやすい性格特性(几帳面で神樫質な人)。

メニエール病の症状

  • 突然の激しい回転性めまい(初回発作)に襲われ、多くは30分~6時間くらい持続し、悪心・嘔吐などの自律神経症状を伴う。
    意識障害はない。 【中枢神経孫に異常はない】
  • 片側の耳鳴、耳閉塞感、難聴(特に低音域の難聴) 【蝸牛症状】
    → めまい発作と同時に or 先行する症状
    *時間の経過とともに、めまい発作は軽快し、それとともに蝸牛症状も改善し、難聴も目立たなくなる。
     ただし、めまい発作は必ず反復する。
    発作の反復しているうちに、難聴は残る。(高音域に強くみられる難聴)
    (発作の反復)全音域に広がり、より高度の難聴
      メニエール病の両側化

メニエール病の検査

〔聴力検査〕感音難聴
〔前庭脊髄反射〕ロンベルグ試験陽性、マンテスト陽性、片足立ち検査陽性
〔内リンパ水腫検査〕浸透圧利尿薬投与 → 聴音レベルの改善

メニエール病の予後

生命に対する予後は良好

家庭で出来るメニエール病のお灸のツボ

神道(しんどう)、身柱(しんちゅう)、申脈(しんみゃく)、照海(しょうかい)
1日おきに施灸。

 メニエール病つぼ1 メニエール病つぼ2 メニエール病つぼ3