腰痛(下肢痛)-病気・症状と治療

腹痛-病気・症状と治療

腰痛(下肢痛) Low back pain

▪ 腰痛症とは
▪ 急性腰痛症(ギックリ腰)
▪ 東洋医学的な見方
▪ 腰痛の家庭で出来る腰痛のお灸のツボ
▪ 腰痛のホメオパシーレメディー
▪ 腰痛のヨガ・セラピー
▪ 腰痛のレイキ療法
▪ その他の療法

WHO(世界保健機構)では、
鍼灸治療が
 腰痛 および 神経痛 に適応であることを認めています。

腰痛症の概念

調べても原因がわからない腰痛の一群(腰痛は症状であって、疾患名ではない)。
腰痛は、高齢者のなかで最も多い愁訴。

急性腰痛症(ギックリ腰)

概要:体を動かせないほどの急性の腰痛発作をいう。
 不意の動作、特にひねり動作で発症が多い。

原因:病態不明

経過:数時間以内に疼痛は増加し、背筋のスパスムを生じ、腹部が平坦となり前屈制限を来たす。
2~5日安静にしていると軽減(何かの動作で再発)

症状

  • 疼痛…腰部、腎部、大腿後面・側面
  • 前屈制限
  • (慢性化)腰痛に代わって下肢痛(坐骨神経痛)に進む。

腰痛(下肢痛)の主な原因疾患

○姿勢性腰痛

  • 概要:不良姿勢、前弯増強姿勢による腰椎保持筋のバランス失調から、
    筋の疲労と循環障害による腰痛を起こすもの。
  • 症状:慢性・持続性の疼痛。疲労により痛みの誘発・増悪がみられる。

○筋・筋膜性腰痛

  • 概要:重量物挙上や急激な体位変換などによる脊柱起立筋の障害
    (過伸展・捻転による筋・筋膜の炎症や微小損傷)から生じる腰痛。 青・壮年者に好発。
  • 症状:著明な圧痛・筋硬結が、第3腰椎の高さで脊柱起立筋外続部に多い。
    屈曲制限、著明な屈曲時痛

○椎間関節性腰痛

  • 概要:腰痛の原因が椎間関節部にあるものの総称。
    *過伸展、捻転による関節包の損傷・炎症 → 急性腰痛

     (椎間関節内への滑膜の嵌入によると考えられている)
    *椎問板の変性に始まる椎間関節の退行性変化→関節包の緊張、滑膜の炎症 → 慢性腰痛

  • 症状:下位腰部、L4/L5、L5/S1椎間の疼痛、臀部への放散痛。
    後屈時痛と刺突起の外方2cmの圧痛。

○変形性脊椎症

  • 概要:加齢による脊柱及び周辺組織の退行性変化(骨棘形成など)。
    中高年の男性に好発。
  • 症状:動作開始時痛や疲労時の慢性腰痛、多くは後屈時痛。
    [椎間関節性腰痛の病態が関与している場合も多い]

○腰部脊柱管狭窄症

  • 概要:脊柱管周辺の骨組織や軟部組織の変性・肥厚(=退行性変化)によって
    脊柱管が狭くなり、馬尾や神経根の圧迫症状をきたすもの。
    40~ 60歳代の男性に多い。
  • 症状:間欠性跛行(前屈位で休息すると症状消失・軽快)
    一側または両側の下肢痛(坐骨神経痛)、下肢の脱力。しびれ
    腰椎を後屈した状態で疼痛は増強。

○腰部椎間板ヘルニア

  • 概要:腰椎椎間板の髄核脱出や線維輪膨隆により、神経根を圧迫し、腰痛や坐骨神経痛を生じる疾患。
  • 症状::急性または慢性に発症する腰痛と下肢への放散痛(多くは一側性)。
    下肢痛は殿部から大腿後側~下腿外側~足先まで放散する(坐骨神経の領域)
    咳やくしやみで疼痛は増強する。(デジュリーヌ徴候)
    20~ 30歳代の男性に多い。好発 L4/L5椎間、 L5/S1椎間

○脊椎分離・すべり症

  • 概要:下位腰椎の一個あるいは数個が前方へ滑り出す疾患。
    *分離・すべり症(真性すべり症):激しいスポーッをしている青少年に多く、L5に多発。
    *変性すべり症(仮性すべり症):中年以後の女性に多く、L4に多発。
  • 症状:腰痛、階段状変形、腰椎前弯増強

骨粗鬆症

  • 概要:骨の絶対量が減少した病態。病的骨折を起こしやすい。
  • 症状:高齢の女性の漠然とした腰痛。特に椎体圧迫骨折の後(→脊椎の後弯変形)

坐骨神経痛

  • 概要:坐骨神経およびその分枝に相当して疼痛を生じるもの。
    腰椎椎間板ヘルニアや変形性脊椎症、脊柱管狭窄症などにより出現。
    多くは一側性。(腫瘍や糖尿病によるものは両側性に発症しやすい。)
  • 症状:神経走路に沿った下肢への放散性の痛みとしびれ感。
    ラセーグ徴候を認める。坐骨神経に沿つてワレーの圧痛点が出現。

○梨状筋症候群

  • 概要:坐骨神経が梨状筋の過緊張や肥厚で絞掘、刺激されて坐骨神経痛を起こす。

○大腿神経痛

  • 概要:L1~ L4神経根の障害として、大腿前面の痛みとしびれ感を特徴とする。

○大腿神経痛

  • 仙腸関節障害
  • 股関節障害
  • 内臓性腰痛
  • 閉塞性動脈硬化症(ASO)
  • 閉塞性血栓性血管炎(TAO、バージャー病)
  • 糖尿病性ニューロパチー

 

腰痛(下肢痛)の東洋医学的な見方

臓腑、経絡、経筋の変調に関係する
 急性 外邪や外傷による気血阻滞
 慢性 腎虚によるものが多い 〔腰は腎の府〕

経絡の障害部位
 下肢後面 ― 督脈、太陽経(勝脱経)
 大腿前面、下肢外側 ― 少陽経(胆経)

  • 寒湿:寒湿の邪→気血の運行不利→腰部の経絡の気が阻滞(不通)
  • 血瘀:捻挫・打撲などの外傷→腰部の経脈・経筋の損傷→気血阻滞
  • 腎虚:房事過多や久病、老化により腎精が不足→経脈を滋養できない

*経筋の変調:殆どが過労に寒湿の邪が乗じて生じたものなので熱で緩解→灸法が良い

 

家庭で出来る腰痛(下肢痛)のお灸のツボ(経穴・つぼ)

崑崙(こんろん)、 附陽(ふよう)、 中封(ちゅうほう)、 上仙(じょうせん)、
関元(かんげん)、 命門(めいもん)、 志室(ししつ)、 陽関(ようかん)、
胞肓(ほうこう)、 秩辺(ちっぺん) など強い圧痛のあるところ。

腰痛ツボ1腰痛ツボ2  腰痛ツボ3腰痛ツボ4腰痛ツボ5腰痛ツボ6

○ギックリ腰に : 崑崙(こんろん)、 中封(ちゅうふ)、 腰痛点(ようつうてん)
 神仙灸法:膝を屈してできる左右の横紋4か所、なるべく4点同時。(椎間板ヘルニアにも)

 

腰痛のホメオパシーレメディー

Magnesium phosphoricum
Arnica
Matricaria recutita

 

腰痛のヨガ・セラピー

腰痛ヨガ

アサナ

プラナヤマ
 ウッジャイ、 ブラマリ

 アジャパジャパ

 

腰痛のレイキ・ヒーリング(霊気療法)

レイキ・ヒーリングについて »

チャクラについて »

Chakras
  ヴィシュッダ・チャクラ Vishuddha(Throat Chakra)
  アナハタ・チャクラ Anahata(Heart Chakra)
  マニプラ・チャクラ Manipura(Solar plexus Chakra)
  スヴァディスタナ・チャクラ Svadhistana(Sacral Chakra)
  ムーラダラ・チャクラ Muladhara(Root Chakra)

Positions
  基本ポジション+反応のあるところ、背部、下肢。

腰痛レイキヒーリング2腰痛レイキヒーリング5

 

その他の療法

ハーブ
 デビルズクロウ、 メドゥースウィート
エッセンシャルオイル
 ペパーミント、 ジンジャー
○ボカシ・オイル

感情・精神面のケアに ⇒ 脳デトックス【アクセス・バーズ】 がおすすめ!