骨粗鬆症-病気・症状と治療


骨粗鬆症-病気・症状と治療

骨粗鬆症 Osteoporosis

▪ 骨粗鬆症とは
▪ 精神的および感情的要因

骨粗鬆症の概念

骨量(骨塩量)の減少によって骨の微細構造に乱れが生じ、骨が脆くなった状態。
骨の吸収率 > 骨の形成率のために、有の絶対量が減少。
骨量が同性、同年齢の人に比べて病的に減少している状能。

骨粗鬆症の分類・病態

○原発性骨粗鬆症

  • 閉経後骨粗鬆症(I型)
     高回転型骨粗鬆症 【破壊細胞による骨吸収が増加】
     エストロゲンの欠乏に基ずく骨粗鬆症で、比較的進行が早い。
     【閉経を境に骨塩濃度は急激に減少】
     骨代謝回転は亢進し活発な骨形成・骨吸収が行われているが、骨吸収が骨形成を凌驚。
    やせ型女性に好発
  • 老人型骨粗鬆症(II型)
     多くは低回転型骨粗鬆症 【骨芽細胞による骨形成が低下】
     成熟した骨は絶えず骨改変を受けるが、加齢とともに骨吸収が骨形成を上回り、骨量が減少し始める。

○続発性骨粗鬆症
原因疾患;甲状腺機能亢進症、副甲状腺機能亢進症、性腺機能低下症、クッシング症候群、糖尿病、壊血病、Ca欠乏、Vit.D過剰、長期臨床、無重力状態、関節リウマチ etc

骨粗鬆症の好発

骨折好発部位;脊椎椎体骨折、大腿骨頸部骨折、橈骨遠位
 【骨量減少は、海綿骨の多い部分で起こりやすい】

骨粗鬆症の疫学

男女1:8で女性に多い。
80歳前後では人口の50%、女性では65歳以上の50%が骨粗鬆症。

骨粗鬆症の症状

骨量減少のみでは無症状→容易に骨折する。

  • 腰背部痛
    (徐々に発症)重感、易疲労性、鈍痛 【骨梁の微小骨折による痛み?】
  • (急激に発症)激しい腰痛や背部痛
  • 腰背部変形 【圧迫骨折や背筋力低下による】
    後彎変形、胸椎後彎の増強(円背(えんぱい)、または亀背(きはい))、身長短縮
  • 易骨折性
    【骨脆弱性が亢進し、わずかな外力でも容易に圧迫骨折を生じる】
  • 椎体圧迫骨折(特に胸腰椎移行部Th8~11、L2-3)
  • 大腿骨頸部骨折
  • 橈骨遠位端骨折
  • 内臓機能低下 【脊推の後彎変形により内臓を圧迫】
    肺の低換気、肺炎、消化器症状(慢性食道炎、便秘、食欲不振、嘔吐、亜イレウス)

骨粗鬆症の検査

〔生化〕血清Ca、P、アルカリホスターゼ(ALP)が原則的には正常範囲(他との鑑別のため必要)

  • 骨量測定
  • 骨代謝マーカー
  • 骨折の評価…骨Xp、骨シンチ
    〔X線〕
    • 骨陰影の減少【X線透過性の増加】
    • 海綿骨梁の減少
    • 萎縮【横行する骨梁が減少し、縦走する骨梁が目立つ】
    • 椎体の変形 (前彎部…楔状の圧迫骨折、後彎部…魚椎様、凹レンズ状陥没の圧迫骨折)
  •  

    骨粗鬆症の精神的および感情的要因

    ~人生の中で支え、頼りになるものが、もう残されていないと感じる。

    骨粗鬆症におすすめのフラワーエッセンス


    *感情・精神面のケアには… ⇒ 脳デトックス【アクセス・バーズ】がおすすめ!