牛顔のポーズ
ヨガ, 反曲のアサナ

牛顔のポーズ【反曲のヨガ・アサナ19】

反曲のヨガ・アサナをご紹介します《牛顔のポーズ》

反曲のアサナ Backward Bending Asanas 反曲のアサナ Backward Bending Asanas
 

ゴムカサナ GOMUKHASANA गोमुखासन

《牛顔のポーズ》

 
牛顔のポーズ
 

ディヤナ・ヴェーラサナ で座る。右膝が左膝の上にきていること。

右腕を肩越しに後ろにもってきて、左腕を下から後ろにもってくる。
反対の手の指をつかむようにする。背筋を伸ばし、目を閉じる。
このポジションで2分。
手を解き、足を伸ばして、今度は左膝を上にして、同じ動作を左右入れ替えて行う。

Breathing:自然呼吸。

Awareness:Physical- 呼吸に。
Spiritual- アジナ・チャクラ または アナハタ・チャクラ に。

Benefits:このアサナはリラクゼーションにとてもいい。疲れをほぐし、緊張、不安を和らげるのに10分以上行ってもよい。背部痛、腰痛、座骨神経痛、リウマチや肩、首の凝りにもよい。

 

逆転のヨガ・アサナ

頭立蓮のポーズ【逆転のヨガ・アサナ14】

頭立蓮のポーズやり方説明。シルシャサナをとる。バランスがしっかり取れたところで、ゆっくりと両足でパドマサナを組む。ここで苦痛を感じない程度の時間をおく。骨盤部の血行を良くするため生殖器の問題にはとてもいい。

拝伏のポーズ

拝伏のポーズ プラナマサナ【ヴァジラサナのヨガ11】

拝伏のポーズやり方説明。このポーズで頭部への血流をよくする。胸を広げ、肺への空気の入りをよくし、喘息の管理にはとてもよいエクササイズとなる。

エカ・パダ・プラナマサナ

片足立位合掌ポーズ【均衡のアサナのヨガ1】

片足立位合掌ポーズーエカ・パダ・プラナマサナやり方説明。このアサナは神経バランスを向上させる。足、足首を鍛える。最初から最後まで常に自然呼吸。アジナ・チャクラまたはアナハタ・チャクラに。

蛇のポーズ

蛇のポーズ【反曲のヨガ・アサナ5】

蛇のポーズ-サルパサナ-SARPASANA-सर्पासन このアサナは感情を吐き出すのにとてもいい作用を及ぼすことができる。特に喘息の人にはいいエクササイズである。上体を上げる時と最終ポジションで呼吸を止める。

アップ・ダウン目のヨガ

【目のヨガ・エクササイズ5】ヨガ・セラピー

目のヨガ・エクササイズ-アップ・ダウン・ビューイングやり方説明。眼筋のバランスを整え、眼球の動きをスムーズにする。親指と視線が上方に向かう時に吸気。下方に向かう時に呼気。

車輪のポーズ
ヨガ, 反曲のアサナ

車輪のポーズ【反曲のヨガ・アサナ18】

反曲のヨガ・アサナをご紹介します《車輪のポーズ》

反曲のアサナ Backward Bending Asanas 反曲のアサナ Backward Bending Asanas
 

チャクラサナ CHAKRASANA चक्रासन

《車輪のポーズ》

 
車輪のポーズ
 

床に仰向けになる。両足は30cmくらい開いて膝を立てる。
手掌を顔の横で床につける。そのとき、指先が足元を示し、肘が上にくるようにする。
これがスタートポジション。
百会で上半身の体重を支え、ゆっくり全身を持ち上げる。
必要であれば、手の位置を少し動かしたりして、背中をアーチさせる。
できるだけ手足は真っ直ぐにし、体幹を高くもってくるようにする。
この最終ポジションで苦痛を感じない程度に時間をおく。
元のポジションに戻るときも、百会を床に着けて体重を支え、ゆっくりと身体を下ろす。
これで1ラウンド。

Breathing:スタートポジションで吸気。身体を上げながら呼吸を止める。最終ポジションでは呼吸を止めるか、自然呼吸で。身体を下ろしながら呼気。

Duration:3ラウンドまで。

Awareness:Physical:最終ポジションでの脊柱を弛めることに。胸部、腹部に。
Spiritual- マニプラ・チャクラ に。

Sequence:このアサナは、他の基本的な 反曲のアサナ をよく練習し、マスターしてから取りかかること。このアサナの後には ハラサナサルヴァンガサナ前曲のアサナ を取り入れ、頸部をよくストレッチさせるとよい。

Contra-indications:このアサナは病気を患っている人は行ってはいけない。妊娠中の人、疲れを感じる時も同様。

Benefits:このアサナは神経系統、消化器系統、心臓血管系統など調節し、腺からの分泌物の調節を行うことができる。

Practice note:このアサナは頭の負担を和らげるため柔らかいカーペットの上で行うとよい。ただし、毛布などは滑りやすいので避けたほうがよい。

 

アップ・ダウン目のヨガ

【目のヨガ・エクササイズ5】ヨガ・セラピー

目のヨガ・エクササイズ-アップ・ダウン・ビューイングやり方説明。眼筋のバランスを整え、眼球の動きをスムーズにする。親指と視線が上方に向かう時に吸気。下方に向かう時に呼気。

弓引のポーズ

弓引のポーズ【反曲のヨガ・アサナ11】

ホーム » ヨガ・セラピー » 反曲のアサナ » 弓引のポーズ 反曲のヨガ・アサナをご紹介します《弓引のポーズ》   プールナ・ダヌラサナ POORNA DHANURASANA पूर्ण धनुरासन 《弓引のポーズ》     うつ伏せになり、両膝を曲げる。人差し指と中指で足の親指をつかむ。これがスタートポジション。頭、胸、腿を上げ、足先がなるべく頭の近くにくるようにする。両肘は上を向いていること。この最終ポジションでは全身が弓矢を引いているときの弓のようにストレッチされていること。このポーズで苦痛を感じない程度でできるだけ時間をとる。ゆっくりと指を足から放し、スタートポジションに戻る。うつ伏せで呼吸が落ち着くまでリラックスさせる。 Breathing:スタートポジションで深く吸気。体を上げながら呼吸を止める。最終ポジションでは呼吸を止めるか、もしくは深い呼吸を。体を下げながら呼気。 Awareness:Physical-腹部もしくは背部に。 Spiritual- マニプラ・チャクラ に。 Contra-indications:このアサナは上級者、柔軟性の高い人のみ行うこと。 Benefits:ダヌラサナ とほぼ同じだが、より高い効果が得られる。  

立位頭部膝間ポーズ

立位頭部膝間ポーズ【前曲のヨガ・アサナ11】

ホーム » ヨガ・セラピー » 前曲のアサナ » 立位頭部膝間ポーズ 前曲のアサナをご紹介します《立位頭部膝間ポーズ》   ウッティタ・ジャヌ・シルシャサナ UTTHITA JANU SIRSHASANAउत्थित जानु शीर्षसन 《立位頭部膝間ポーズ》     両足を肩幅に開いて立つ。両腕は横におき、目線は正面。これがスタートポジション。両腕を前に伸ばし、肩の高さで止める。上半身を腰から前に倒していく。両手をふくらはぎに回し、片方の手で反対側の手首をつかむ。肘を曲げるようにして両腕で上半身を引き、頭を両膝の間にもってくる。両膝が曲がらないようにし、無理をしないこと。このポジションで苦痛を感じない程度の時間をとる。手をほどき、ゆっくり上半身を起こしながら、両腕を肩の高さまで前に伸ばす。両手を脇におろし、スタートポジションに戻る。5ラウンドまで。 Breathing:腕を前に伸ばしながら吸気。身体を前に倒す前に呼気。身体を前に倒しながらと、最終ポジションで呼吸を止める。身体を起こしながら吸気。腕をおろしながら呼気。 Awareness:Physical- 動作と呼吸のシンクロナイズに、背部を弛めることと膝を曲げないようにすることに。 Spiritual- スヴァディスタナ・チャクラ に。 Sequence: このアサナの後に サルパサナ、セトゥアサナ、ダヌラサナ などの 反曲のアサナ を続けて行うとよい。 Benefits:このアサナは膵臓を強化させる。腰部、ハムストリングを弛め、脊髄神経にマッサージ効果をもたらす。頭部への血行を良くし、脳を活性化させることができる。     両足を肩幅に開いて立つ。上半身を腰から倒していき、両腕を膝に回す、膝を少し曲げる。両肘を横に出し、腕が床と平行になるようにする。上半身を引き寄せ、両手を首の後ろに持っていき、指を組み合わせる。背部をリラックスさせる。無理せず、やや膝を伸ばす。目線は真後ろ。これが最終ポジション、数秒で十分である。戻る時は、まず膝を曲げ、手をほどき、ゆっくり上体を起こす。 Breathing:上半身を前に倒す前に呼気。首の後ろで指を組む前に吸気。膝を伸ばしながら呼気。最終ポジションで呼吸を止めるか、自然呼吸。上体を起こしながら吸気。  

ムールダサナ

ムールダサナ【逆転のヨガ・アサナ2】

ムールダサナやり方説明。立っている時に吸気。前に倒しながら呼気。最終ポジションで自然呼吸。上体を起こしながら吸気。最終ポジションを初めは数秒にして、少しづつ延ばしていく

パダ・プラサール

開脚背部伸展ポーズ【前曲のヨガ・アサナ4】

開脚背部伸展ポーズやり方説明。スタートポジションで吸気。体幹を前に倒しながら呼気。前屈している間は深くゆっくりと呼吸、もしくは静止の時間が短ければ呼吸を止めて。体幹を起こしながら吸気。

頭と爪先立ちポーズ
ヨガ, 反曲のアサナ

頭と爪先立ちポーズ【反曲のヨガ・アサナ17】

反曲のヨガ・アサナをご紹介します《頭と爪先立ちポーズ》

反曲のアサナ Backward Bending Asanas 反曲のアサナ Backward Bending Asanas

 

シルシャパダ・ブミ・スパルシャサナ
SIRSHAPADA BHUMI SPARSHASANA

《頭と爪先立ちポーズ》

 
頭と爪先立ちポーズ
 

シャヴァサナ をとり、全身リラックスさせる。両手は横に伏せておく。
両手で踏ん張り、体幹を持ち上げる。百会を床につける。
身体を緊張させ、なるべく高く持ち上げるようにする。
足は曲げず伸ばしたままにする。足の裏はしっかり床に着いていること。
全身のバランスが取れるまでは手を床につけ身体を支える。
両手をゆっくり上げ両腿に乗せる。
この最終ポジションでは頭と足裏で体重を支えていることになる。
元のポジションに戻るときは、まず両手を床に着け、しっかり支えて少しづつ体幹を下げていく。
これで1ラウンド。

Breathing:体幹を持ち上げる前と、最終ポジションで吸気。体幹を下げるとき呼気。

Awareness:Physical-背部に。
Spiritual- マニプラ・チャクラ に。

Sequence:このアサナの後には パスチモタナサナ など 前曲のポーズ で背部と頸部を前曲ストレッチさせること。

Contra-indications:このアサナは上級者のみ。高血圧、心臓の弱い人、また慢性疾患のある人も専門の指導者がいない限りは行ってはいけない。

Benefits:このアサナは背部を強化し柔軟性を養う。腹筋、腿、首の筋肉も同様に鍛える。指導者がいる場合は甲状腺のヨガセラピーとして用いることができる。

 

橋のポーズ

橋のポーズ【反曲のヨガ・アサナ15】

橋のポーズやり方説明。両足を前に出して座る。骨盤の横、後ろに30cmくらいのところで手掌を床につける。指先は後方を向いていること。肘を伸ばしやや上体をろらせておく。

立位スウィングポーズ横

立位スウィングのポーズ【立位のアサナのヨガ13】

立位スウィングポーズやり方説明。このアサナで疲労回復と血行をよくし、自律神経を調節できる。背部とハムストリングのストレッチ、腰をゆるめ、内蔵のマッサージにもなる。リンパの流れをよくし、毒出し作用にもなる。とくに脳に効く。

動的捻転ポーズ

動的捻転ポーズ【捻曲のヨガ・アサナ1】

動的捻転ポーズやり方説明。ビギナーにいい捻曲のアサナである。脊椎をストレッチさせ、脊椎神経を整える。数秒休んで落ち着いたら、同じ動作を繰り返す。マニプラ・チャクラに。

バカサナ

鶴のポーズ / バカサナ【均衡のアサナのヨガ6】

鶴のポーズ-バカサナやり方説明。腕を前に伸ばしながら吸気。上半身を倒しながら呼気。最終ポジションで自然呼吸。上半身を起こしながら吸気。腕を下げながら呼気。

半蓮のポーズ

半蓮のポーズ【メディテーションのヨガ2】

瞑想のヨガ-半蓮のポーズやり方説明。両足を前に伸ばして座る。片方の足の膝を曲げ足先を反対の足の腿の下に入れる。
もう一方の足も膝を曲げる。足先は反対の腿の上にのせる。かかとは苦しくない程度で体幹近くに持ってくる。

首のポーズ
ヨガ, 反曲のアサナ

首のポーズ【反曲のヨガ・アサナ16】

反曲のヨガ・アサナをご紹介します《首のポーズ》

反曲のアサナ Backward Bending Asanas 反曲のアサナ Backward Bending Asanas

 

グリヴァサナ GRIVASANA

《首のポーズ》

 
首のポーズ
 

仰向けになる。
両足は少し開いて、膝を曲げて立てておく。両手は横に伏せておく。
これがスタートポジション。
手足で踏ん張り体幹を持ち上げる。
百会を床に付け、頭と足でバランスを取る。
バランスが取れたら、両腕を上げ胸の前で組む。
このポーズを保ちながら、苦痛を感じない程度の時間をとる。

Breathing:スタートポジションで吸気。体幹を持ち上げながら呼吸を止める。最終ポジションでは呼吸を止めるか、または自然呼吸。体幹を下ろしながら呼気。

Duration:3ラウンドまで。除々に最終ポジションの時間を伸ばしていくようにする。

Awareness:Physical- 頸部に、甲状腺に、腰部に。
Spiritual- ヴィシュッダ・チャクラ、またはマニプラ・チャクラ に。

Sequence:このアサナの後は パスチモタナサナ などの 前曲のポーズ をとり、頸部をストレッチさせること。

Contra-indications:このアサナは頸部に問題がある人、高血圧 や、心臓病、無月経 の人は行わないこと。

 

蛇のポーズ

蛇のポーズ【反曲のヨガ・アサナ5】

蛇のポーズ-サルパサナ-SARPASANA-सर्पासन このアサナは感情を吐き出すのにとてもいい作用を及ぼすことができる。特に喘息の人にはいいエクササイズである。上体を上げる時と最終ポジションで呼吸を止める。

満コブラのポーズ

満コブラのポーズ【反曲のヨガ・アサナ4】

満コブラのポーズやり方説明。このアサナは大人、もしくは12歳以上の年齢に達していることが望ましい。両膝を曲げ、足先を上げる。頭、首、肩をさらに後ろにストレッチさせ、頭部が足指か足裏につくようにする

ワニのポーズ

ワニのポーズ【リラクゼーションのヨガ5】

ワニのポーズ-マカラサナ-Makarasana-मकरासन 椎間板ヘルニア、腰痛、脊椎に問題ある人に。喘息の人は呼吸に集中して行うことで吸気量が増える。呼吸ごとに広がっては弛むというイメージを繰り返す。

速スクワットポーズ

速スクワットのポーズ【立位のアサナのヨガ9】

速スクワットポーズやり方説明。このアサナで背中と足の筋肉が鍛えられる。定期的にこのエクササイズを行うことで、坐骨神経痛や椎間板ヘルニアなどの腰痛予防になる。普段、座っている時間が長い人は、毎日行うといい。

雄鶏のポーズ

雄鶏のポーズ【パドマサナのヨガ6】

雄鶏のポーズのやり方。このアサナはバランスと安定性を保ち、ムーラダラ・チャクラのクンダリニを目覚めさせるのに用いられる。

橋のポーズ
ヨガ, 反曲のアサナ

橋のポーズ【反曲のヨガ・アサナ15】

反曲のヨガ・アサナをご紹介します《橋のポーズ》

反曲のアサナ Backward Bending Asanas 反曲のアサナ Backward Bending Asanas

 

セトゥ・アサナ SETU ASANA सेतु आसन

《橋のポーズ》

 
橋のポーズ
 

両足を前に出して座る。
骨盤の横、後ろに30cmくらいのところで手掌を床につける。
指先は後方を向いていること。
肘を伸ばしやや上体をろらせておく。
これがスタートポジション。
腰を上げ、身体を上に持ち上げる。
頭は垂らした状態で、足の指は床から浮かないようにする。
両肘、両膝を曲げないようにする。
このポジションで苦痛を感じない程度の時間をとる。
ゆっくりと身体を下げ、腰を床におろす。
これで1ラウンド。

Breathing:スタートポジションで吸気。身体を上げながらと最終ポジションで呼吸を止める。スタートポジションに戻りながら呼気。

Duration:10ラウンドまで。

Awareness:Physical- 背部と腹部に。
Spiritual- マニプラ・チャクラ に。

Sequenceチャクラサナ の予備練習として。

Contra-indications:このアサナは 高血圧、心臓の弱い人は行ってはいけない。胃潰瘍 や手首に問題がある人も同様。

Benefits:チャクラサナとほぼ同じ効果が得られる。腰部とアキレス腱を鍛え、調子を整える。

 

胴体スウィングのポーズ

胴体スウィングのポーズ【立位のアサナのヨガ6】

胴体スウィングのポーズやり方説明。心と体のバランス・調和を保つ。両手を上にあげながら吸気。上半身を前に倒しながら呼気。左右にスウイングしながら呼吸停止。体幹を起こしながら吸気。

動的前曲アサナ

【前曲のヨガ・アサナ】ヨガ・セラピー

前曲のアサナは受動的なエクササイズと言える。緊張や痛みを解き放すのを自然の引力が手助けをしてくれる。また肺の圧縮、そして呼気と関連しており、その結果深いリラクゼーションを招いてくれる。

猫の伸びのポーズ

猫の伸びのポーズ(マルジャリ・アサナ)【ヴァジラサナのヨガ7】

猫の伸びのポーズやり方説明。このアサナは女性生殖器を健康にたもち、月経異常や白帯下などによく、生理中には生理痛をやわらげてくれる。呼吸と動作がシンクロナイズするように。脊柱の柔軟性に。

アーダ・バッダ・パスチモッタナサナ

アーダ・バッダ・パスチモッタナサナ【均衡のアサナのヨガ11】

アーダ・バッダ・パドモッタナサナ-ARDHA BADDHA PADMOTTANASANA-अर्ध बद्ध पद्मोत्तानासन このアサナは消化を良くし、便秘解消を助ける。血行を良くし、脚を鍛える。スヴァディスタナ・チャクラに

仰臥金剛杵のポーズ

仰臥金剛杵のポーズ(スプタ・ヴァジラサナ)【ヴァジラサナのヨガ14】

仰臥金剛杵のポーズやり方説明。このポーズで内蔵のマッサージ効果が得られ、消化器系の不調や便秘など軽減できる。また、創造力と思考力が高められ、性的エネルギーが促進される。

トカゲのポーズ
ヨガ, 反曲のアサナ

トカゲのポーズ【反曲のヨガ・アサナ14】

反曲のヨガ・アサナをご紹介します《トカゲのポーズ》

反曲のアサナ Backward Bending Asanas 反曲のアサナ Backward Bending Asanas

 

ウッタン・プリスタサナ UTTHAN PRISTHASANA

《トカゲのポーズ》

 
ウッタン・プリスタサナ
トカゲのポーズ
 

うつ伏せになり、胸元で両腕を組んでおく。
両足は肩幅に自然に開いており、顔は正面を向いていること。
これがスタートポジション。
体幹を持ち上げ、両膝、両肘で体重を支える。
腕の下で顎を床につけ、そのまま胸も床につける。
始めから終わりまで肘の位置は動かさないこと。
ゆっくりと顎、胸を上げ、膝・肘立ちをとり、スタートポジションに戻る。
これで1ラウンド。

Breathing:体幹を持ち上げながら吸気。体幹を下げながら呼気。

Duration:10ラウンドまで。

Awareness:Physical-動作と呼吸がシンクロナイズされていることに。背部、および両肩に。
Spiritual- スヴァディスタナ・チャクラマニプラ・チャクラアナハタ・チャクラ に。

Sequenceパスチモッタナサナ などの 前曲のアサナ の後に行うとよい。

Benefits:横隔膜の強化に。肩こり腰痛、背部痛などにいいエクササイズである。

 

頭と爪先立ちポーズ

頭と爪先立ちポーズ【反曲のヨガ・アサナ17】

頭と爪先立ちポーズやり方説明。このアサナは上級者のみ。背部を強化し柔軟性を養う。腹筋、腿、首の筋肉も同様に鍛える。指導者がいる場合は甲状腺のヨガセラピーとして用いることができる。

トラのポーズ

トラのポーズ Tiger Pose【ヴァジラサナのヨガ8】

トラのポーズ-ヴャグラサナ-Vyaghrasana-व्याघ्रासन; 女性生殖器官にいいエクササイズでもあり、産後、とくに多産の女性にはおすすめできる。腹部をストレッチするため消化を助け血行をよくする。腰から下腿の脂肪燃焼させる。

ハムササナ

白鳥のポーズ(ハムササナ)【均衡のアサナのヨガ18】

白鳥のポーズーハムササナやり方説明。腹筋と内臓のマッサージ効果がある。便秘やガスに効果的である。さらに肝臓・腎臓の働きが鈍いのを助け、胃腸の寄生虫を排出しやすくする。赤痢にもよい。食欲がないときも効果的である。

アーダ・パドマ・パドモッタナサナ

アーダ・パドマ・パスチモッタナサナ【均衡のアサナのヨガ10】

アーダ・パドマ・パドモッタナサナARDHA PADMA PADMOTTANASANA अर्ध पद्म पद्मोत्तानासन 右膝を曲げ、右足裏を床につける。両前腕を右腿の後ろにまわす。前面の一点を決め凝視する。体幹をやや後ろに倒し、尾てい骨で支える。ゆっくりと右足を上げ膝が真っ直ぐになるまで伸ばしていく

動的捻転ポーズ

動的捻転ポーズ【捻曲のヨガ・アサナ1】

動的捻転ポーズやり方説明。ビギナーにいい捻曲のアサナである。脊椎をストレッチさせ、脊椎神経を整える。数秒休んで落ち着いたら、同じ動作を繰り返す。マニプラ・チャクラに。

アーダ・チャンドラサナ
ヨガ, 反曲のアサナ

半月のポーズ【反曲のヨガ・アサナ13】

反曲のヨガ・アサナをご紹介します《半月のポーズ》

反曲のアサナ Backward Bending Asanas 反曲のアサナ Backward Bending Asanas

 

アーダ・チャンドラサナ ARDHA CHANDRASANA अर्ध चन्द्रसन

《半月のポーズ》

 
半月のポーズ


 

まず正座する。
左足を1歩前へ踏み出す。前かがみになり、両掌を左足の横で床に伏せておく。
右足を後ろに伸ばし、膝と足指が床についていること。
頭を後ろに反らせ、背中でアーチを作る。
両肘はできれば真っ直ぐにし、指が床についていること。
左足を後ろに下げ、右足と揃えて膝で立ち、また正座にもどる。
足を入れ替えて同じ動作を繰りかえす。

Breathing:前かがみになりながら呼気。背中を反らせながら吸気。

Awareness:Physical- 背部のアーチに。腰部、胸部のストレッチに。
Spiritual- スヴァディスタナ・チャクラヴィシュッダ・チャクラ に。

Sequence前曲のアサナ の後に行う。

Benefits:このアサナは身体全体を弛め、活気づける。
特に女性の卵巣、子宮、尿路の問題に対してとてもいいアサナである。
首、胸にストレッチを与えるため呼吸器官の問題(風邪、咽頭炎などを含む)にとてもいいエクササイズとなる。

 
アーダ・チャンドラサナ
 

Variation:基本型と同じようにポーズをとっていき、最終ポジションで両手を上げる。両手は肩幅に開き、肘を伸ばす。

 

コブラのポーズ

コブラのポーズ【反曲のヨガ・アサナ2】

コブラのポーズやり方説明。産婦人科系の問題や月経異常などによいエクササイズである。便秘を解消し、食欲を整える。特に腎臓・肝臓によい。副腎のマッサージ効果もあり、ホルモンの働きを正常にさせる。

ライオンのポーズ

ライオンのポーズ【メディテーションのヨガ8】

瞑想のヨガ-ライオンのポーズのやり方説明。シムハサナ。前かがみになり、両手を両膝の間で床につける。指先は自分の方にむける。両手をのばし体重をのせる。背をそらせ、首を後ろへ傾けストレッチ。

平伏のポーズ

平伏のポーズ【捻曲のヨガ・アサナ2】

平伏のポーズやり方説明。正面を向いているとき吸気。ツイストしながら呼吸を止める。体幹を下げながら呼気。最終ポジションで呼吸を止める。体幹を上げながら吸気。正面に戻りながら呼気。

動的鋤のポーズ

動的鋤のポーズ【逆転のヨガ・アサナ8】

動的鋤のポーズやり方説明。すべての動きが流れるように、速度も一定で行う。消化管の蠕動運動を促進させ、消化機能向上、便秘解消、肝臓および胆嚢の働きを助け、腰部のストレッチとなる。

動的前曲アサナ

【前曲のヨガ・アサナ】ヨガ・セラピー

前曲のアサナは受動的なエクササイズと言える。緊張や痛みを解き放すのを自然の引力が手助けをしてくれる。また肺の圧縮、そして呼気と関連しており、その結果深いリラクゼーションを招いてくれる。

肩のポーズ
ヨガ, 反曲のアサナ

肩のポーズ【反曲のヨガ・アサナ12】

反曲のヨガ・アサナをご紹介します《肩のポーズ》

反曲のアサナ Backward Bending Asanas 反曲のアサナ Backward Bending Asanas

 

カンダラサナ KANDHARASANA कन्धरासन

《肩のポーズ》

 
肩のポーズ
 

仰向けになり、両膝を立てる。
両足は自分の骨盤の幅で開いておく。
両手で足首をつかむ。これがスタートポジション。
腰を持ち上げ、背中で上向きにアーチをつくる。
胸を高く上げ、顎につくようにし、おへそを出来るだけ高い位置に持ってくる。
肩と足のポジションは動かさないこと。
この最終ポジションでは頭、首、肩、腕と足の裏で体を支えていることになる。
このポーズで苦痛を感じない程度の時間をとる。
ゆっくりと体を下げて元のポジションに戻る。
両手を足首から放し足を伸ばしてリラックスさせる。

Breathing:スタートポジションで深い吸気。体を持ち上げながら呼吸を止める。体を下ろしながら呼気。

Duration:5~10ラウンド。

Awareness:Physical-動作に。腹部、甲状腺に。背部の屈曲に。
Spiritual- ヴィシュッダ・チャクラ または
アナハタ・チャクラ に。

Contra-indications:このアサナは 胃潰瘍、十二指腸潰瘍、腸ヘルニアなどを患っている人は行ってはいけない。
妊娠中の女性、特に臨月に入っている場合は行わないこと。
逆子にいいポーズとされるがきちんと専門の指導者の元で行う必要がある。

Benefits:脊椎を調整するのにいい。猫背など。腰痛、背部痛。
さらに、腹部のストレッチ作用で内蔵のマッサージ効果が得られる。
女性の生殖器官を調整でき、特に、流産しやすい人にはいいエクササイズである。
このアサナは 月経異常 や子宮脱、また 喘息 など呼吸器官の問題、甲状腺の異常などのヨガセラピーとして使用できる。

 

勇士のポーズ

勇士のポーズ ヴィーラサナ【ヴァジラサナのヨガ6】

勇士のポーズやり方説明。このアサナで心のバランスをとる。集中力を養い、思考がはっきり明確になってくる。いつも考え事が止まらずコントロールできないような人に。腎臓、肝臓、生殖器系、消化器系の臓器に働きかけることができる。

アーダ・パドマ・パドモッタナサナ

アーダ・パドマ・パスチモッタナサナ【均衡のアサナのヨガ10】

アーダ・パドマ・パドモッタナサナARDHA PADMA PADMOTTANASANA अर्ध पद्म पद्मोत्तानासन 右膝を曲げ、右足裏を床につける。両前腕を右腿の後ろにまわす。前面の一点を決め凝視する。体幹をやや後ろに倒し、尾てい骨で支える。ゆっくりと右足を上げ膝が真っ直ぐになるまで伸ばしていく

バッタのポーズ

バッタのポーズ【反曲のヨガ・アサナ7】

バッタのポーズやり方説明。このアサナは自律神経に大きく作用する。特に副交換神経を活発にさせる。腰部を鍛え、坐骨神経痛、<腰痛、椎間板ヘルニアにはとてもよい。肝臓など内蔵を整え、胃腸病を軽減させ、食欲を回復させることができる

三角のポーズ

三角のポーズ【立位のアサナのヨガ12】

三角のポーズやり方説明。両足を1mくらい開いて直立する。右足の足先を右に向ける。両腕を真横に広げ、肩の高さにもってくる。両腕が一直線になっていること。腰から上を右にたおす。前にひねらないこと、真横に。右の膝は少し曲げてもよい。

首のポーズ

首のポーズ【反曲のヨガ・アサナ16】

首のポーズやり方説明。仰向けになる。両足は少し開いて、膝を曲げて立てておく。両手は横に伏せておく。手足で踏ん張り体幹を持ち上げる。
百会を床に付け、頭と足でバランスを取る。バランスが取れたら、両腕を上げ胸の前で組む。

弓引のポーズ
ヨガ, 反曲のアサナ

弓引のポーズ【反曲のヨガ・アサナ11】

反曲のヨガ・アサナをご紹介します《弓引のポーズ》

反曲のアサナ Backward Bending Asanas 反曲のアサナ Backward Bending Asanas

 

プールナ・ダヌラサナ POORNA DHANURASANA पूर्ण धनुरासन

《弓引のポーズ》

 
弓引のポーズ
 

うつ伏せになり、両膝を曲げる。
人差し指と中指で足の親指をつかむ。これがスタートポジション。
頭、胸、腿を上げ、足先がなるべく頭の近くにくるようにする。
両肘は上を向いていること。
この最終ポジションでは全身が弓矢を引いているときの弓のようにストレッチされていること。
このポーズで苦痛を感じない程度でできるだけ時間をとる。
ゆっくりと指を足から放し、スタートポジションに戻る。
うつ伏せで呼吸が落ち着くまでリラックスさせる。

Breathing:スタートポジションで深く吸気。体を上げながら呼吸を止める。
最終ポジションでは呼吸を止めるか、もしくは深い呼吸を。体を下げながら呼気。

Awareness:Physical-腹部もしくは背部に。
Spiritual- マニプラ・チャクラ に。

Contra-indications:このアサナは上級者、柔軟性の高い人のみ行うこと。

Benefitsダヌラサナ とほぼ同じだが、より高い効果が得られる。

 

ウッテュタ・ハスタ・パダングスタサナ

手足親指ストレッチポーズ – ウッテュタ・ハスタ・パダングスタサナ【均衡のアサナのヨガ7】

手足親指ストレッチポーズやり方説明。集中力を養い、筋を鍛え神経のバランスを整える。特に腰部、下肢。足親指をつかみながら吸気。片足を前に伸ばしながら呼気と吸気。足を前から上に持ち上げながら呼気。

ラクダのポーズ

ラクダのポーズ(ウシュトラサナ)【ヴァジラサナのヨガ13】

ラクダのポーズやり方説明。このポーズは消化器系と生殖器系に働きかけることができる。背部痛、腰痛、猫背にとてもいいエクササイズとなる。咽喉部が大きくストレッチされるため甲状腺の働きを調節する。

ヤシの木のポーズ

ヤシの木のポーズ【立位のアサナのヨガ3】

ヤシの木のポーズータダサナーTADASANAーताड़ासन このアサナにより肉体と精神のバランスをとることができるようになる。全脊髄がストレッチされることにより、脊髄神経の脊柱による圧迫が解消される。妊婦にはとてもよいエクササイズとなる。

メヌ・アカルシャナサナ

メヌ・アカルシャナサナ【前曲のヨガ・アサナ7】

メヌ・アカルシャナサナやり方説明。このアサナはハムストリング、腿のインナーマッスルを鍛える。体のサイドを鍛え、柔軟性をつくる。足腰の肥満性には引き締め効果がある。

チャクラ

チャクラについて~ Chakra चक्र「7つのチャクラの意味」

チャクラとはサンスクリット語で輪を意味し、円・運命・永遠などを象徴しています。あなたの体に7つの渦、エネルギーが回転している渦が存在しています。アジナ・チャクラが閉じていると、多くの場合は内なる声に気がつかないようです。開き過ぎているような場合にはガチガチに肉…

弓のポーズ
ヨガ, 反曲のアサナ

弓のポーズ【反曲のヨガ・アサナ10】

反曲のヨガ・アサナをご紹介します《弓のポーズ》

反曲のアサナ Backward Bending Asanas 反曲のアサナ Backward Bending Asanas

 

ダヌラサナ DHANURASANA धनुरासन

《弓のポーズ》

 
弓のポーズ
 

うつ伏せになり、両足は閉じて伸ばし、両手は体に添えておく。
両膝を曲げ、踵を体幹に近づける。
両手で足首をつかむ。顎を床に立てる。
これがスタートポジション。
足全体に力を込め、体幹から足を離すようにする。
腿は床から浮かせて、上体は後屈させる。
腕は曲げずに伸ばしたままにする。
頭は後ろに傾け、腹部で体全体を支えていること。
足の筋肉だけを使い、背中や腕は力を抜いておくこと。
このポジションで苦痛を感じない程度の時間をとる。
ゆっくりと足の力をゆるめ、スタートポジションに戻す。
うつ伏せになり、全身リラックスさせ呼吸が落ち着くまで休む。
これが1ラウンド。

Breathing:スタートポジションで深い吸気。体を上げながら呼吸を止める。
最終ポジションでは呼吸を止めるか、体を揺らしながら、ゆっくり深い呼吸をとる。
スタートポジションに戻りながら呼気。

Duration:3~5ラウンド。

Awareness:Physical-腹部に。背部、もしくは複式呼吸に。
Spiritual- ヴィシュッダ・チャクラアナハタ・チャクラ、または マニプラ に。

Sequence:このアサナは ブジャンガサナシャラバサナ の後に行うととてもよい。
そして、このアサナの次に 前曲のアサナ を持ってくること。
食後は行わず、3~4時間は空けること。

Cotra-indications:心臓の弱い人、また高血圧、ヘルニア、大腸炎、十二指腸潰瘍がある人はこのアサナは行わないこと。
このアサナは副腎を刺激し、交感神経優位にさせるため、夜、睡眠前には行わないこと。

Benefits:腹部のマッサージ効果が得られるため、肝臓、腎臓など内蔵にはとてもよい。消化を良くし、便秘にもよい。
生殖器官の機能を高め、膵臓、副腎の調子を整え、それらの分泌物の量を調節できる。
また全身の血行を良くする。腹部の余計な脂肪を取り除くことができる。
糖尿病月経異常 のヨガセラピーとしてとてもいいアサナである。
背部の柔軟性を養い、脊椎、脊椎神経の調節ができる。
喘息など胸部に問題がある場合にもとてもいいエクササイズで呼吸が楽に出来るようになる。

 

両手挙上ポーズ

両手挙上ポーズ【立位のアサナのヨガ1】

両手挙上ポーズやり方説明。このシンクロザイズされた深い呼吸で体内により多くの酸素を送り込むことができる。心臓が強化され全身の血行がよくなる。腕と肩のストレッチと肺の拡張に

勇士のポーズ

勇士のポーズ ヴィーラサナ【ヴァジラサナのヨガ6】

勇士のポーズやり方説明。このアサナで心のバランスをとる。集中力を養い、思考がはっきり明確になってくる。いつも考え事が止まらずコントロールできないような人に。腎臓、肝臓、生殖器系、消化器系の臓器に働きかけることができる。

首のポーズ

首のポーズ【反曲のヨガ・アサナ16】

首のポーズやり方説明。仰向けになる。両足は少し開いて、膝を曲げて立てておく。両手は横に伏せておく。手足で踏ん張り体幹を持ち上げる。
百会を床に付け、頭と足でバランスを取る。バランスが取れたら、両腕を上げ胸の前で組む。

ハスタ・パダングシタサナ

ハスタ・パダングシタサナ【前曲のヨガ・アサナ8】

ハスタ・パダングシタサナやり方説明。このアサナは股関節の柔軟性を養う。足腰のバランス力をつけ、姿勢を安定させ、しなやかさを身につける。肥満には足腰の引き締めになる。

猫の伸びのポーズ

猫の伸びのポーズ(マルジャリ・アサナ)【ヴァジラサナのヨガ7】

猫の伸びのポーズやり方説明。このアサナは女性生殖器を健康にたもち、月経異常や白帯下などによく、生理中には生理痛をやわらげてくれる。呼吸と動作がシンクロナイズするように。脊柱の柔軟性に。