カパリ・アサナ
ヨガ, 逆転のヨガ・アサナ

前額立のポーズ【逆転のヨガ・アサナ15】

逆転のアサナをご紹介します《前額立のポーズ》

逆転のヨガ・アサナ Inverted Asanas 逆転のヨガ・アサナ Inverted Asanas

 

カパリ・アサナ KAPALI ASANA

《前額立のポーズ》

 
前額立のポーズ
 

シルシャサナ をとる。
少しの間、バランスを十分整える。
ゆっくりと頭の角度を変え、前額を床につける。
ここで再びしっかりバランスをとる。
この最終ポジションでは、バランスを保つため、背部と両足がやや傾くことになる。
ここで苦痛を感じない程度に時間をとる。
スタートポジションに戻る前にシルシャサナをとってから身体を下ろす。

 
前額立のポーズ足
 

Variation1:基本のカパリアサナをとる。
右膝を曲げ、右足裏を右腿の前面につける。右膝は正面に突き出す。
左膝を曲げ、左足裏を床に向ける。
このポジションで苦痛を感じない程度の時間をとる。
カパリアサナに戻り、反対の足で同じ動作を繰り返す。

 
前額立のポーズ両足
 

Variation2:基本のカパリアサナをとる。
左膝を曲げ、左踵が左腿の後ろにつくようにする。右膝を曲げ、胸につける。
この最終ポジションでは、左膝は正面に向けておき、右膝は床に向けておく。
ここで苦痛を感じない程度の時間をとる。反対の足で同じ動作を繰り返す。

Other details:シルシャサナに準ずる。

 

立位頭部膝間ポーズ

立位頭部膝間ポーズ【前曲のヨガ・アサナ11】

ホーム » ヨガ・セラピー » 前曲のアサナ » 立位頭部膝間ポーズ 前曲のアサナをご紹介します《立位頭部膝間ポーズ》   ウッティタ・ジャヌ・シルシャサナ UTTHITA JANU SIRSHASANAउत्थित जानु शीर्षसन 《立位頭部膝間ポーズ》     両足を肩幅に開いて立つ。両腕は横におき、目線は正面。これがスタートポジション。両腕を前に伸ばし、肩の高さで止める。上半身を腰から前に倒していく。両手をふくらはぎに回し、片方の手で反対側の手首をつかむ。肘を曲げるようにして両腕で上半身を引き、頭を両膝の間にもってくる。両膝が曲がらないようにし、無理をしないこと。このポジションで苦痛を感じない程度の時間をとる。手をほどき、ゆっくり上半身を起こしながら、両腕を肩の高さまで前に伸ばす。両手を脇におろし、スタートポジションに戻る。5ラウンドまで。 Breathing:腕を前に伸ばしながら吸気。身体を前に倒す前に呼気。身体を前に倒しながらと、最終ポジションで呼吸を止める。身体を起こしながら吸気。腕をおろしながら呼気。 Awareness:Physical- 動作と呼吸のシンクロナイズに、背部を弛めることと膝を曲げないようにすることに。 Spiritual- スヴァディスタナ・チャクラ に。 Sequence: このアサナの後に サルパサナ、セトゥアサナ、ダヌラサナ などの 反曲のアサナ を続けて行うとよい。 Benefits:このアサナは膵臓を強化させる。腰部、ハムストリングを弛め、脊髄神経にマッサージ効果をもたらす。頭部への血行を良くし、脳を活性化させることができる。     両足を肩幅に開いて立つ。上半身を腰から倒していき、両腕を膝に回す、膝を少し曲げる。両肘を横に出し、腕が床と平行になるようにする。上半身を引き寄せ、両手を首の後ろに持っていき、指を組み合わせる。背部をリラックスさせる。無理せず、やや膝を伸ばす。目線は真後ろ。これが最終ポジション、数秒で十分である。戻る時は、まず膝を曲げ、手をほどき、ゆっくり上体を起こす。 Breathing:上半身を前に倒す前に呼気。首の後ろで指を組む前に吸気。膝を伸ばしながら呼気。最終ポジションで呼吸を止めるか、自然呼吸。上体を起こしながら吸気。  

メヌ・アカルシャナサナ

メヌ・アカルシャナサナ【前曲のヨガ・アサナ7】

メヌ・アカルシャナサナやり方説明。このアサナはハムストリング、腿のインナーマッスルを鍛える。体のサイドを鍛え、柔軟性をつくる。足腰の肥満性には引き締め効果がある。

パリヴリッティ・ジャヌ・シルシャサナ

パリヴリッティ・ジャヌ・シルシャサナ【捻曲のヨガ・アサナ4】

パリヴリッティ・ジャヌ・シルシャサナやり方説明。胸部、腹部の側面のストレッチとマッサージ効果が得られる。長時間のメディテーションポーズの準備練習として用いることができる。

コブラの襲撃ポーズ

コブラの襲撃ポーズ (シャシャンカ・ブジャンガサナ)【ヴァジラサナのヨガ10】

コブラの襲撃ポーズやり方説明。このアサナで骨盤部、腹部に働きかけ 月経異常など女性生殖器系の不調にとてもいい。内臓器管、とくに肝臓、腎臓などの調節に役立つ。背部の柔軟性をやしなうのにとてもいい。

パダ・アングシュタサナ

つま先立ちのポーズ【均衡のアサナのヨガ13】

つま先立ちのポーズやり方説明。このアサナはブラマチャリヤを行うのに大変役立つ。生殖器官を調節し精液漏を予防する。そして、扁平足にとても良く、爪先と踵を鍛えるのにもいい。

逆転のヨガ・アサナ
ヨガ, 逆転のヨガ・アサナ

頭立蓮のポーズ【逆転のヨガ・アサナ14】

逆転のアサナをご紹介します《頭立蓮のポーズ》

逆転のヨガ・アサナ Inverted Asanas 逆転のヨガ・アサナ Inverted Asanas

 

ウールダヴァ・パドマサナ URDHVA PADMASANA
ऊर्ध्व पद्मासन

《頭立蓮のポーズ》

 
頭立蓮のポーズ
 

シルシャサナ をとる。
バランスがしっかり取れたところで、ゆっくりと両足で パドマサナ を組む。
ここで苦痛を感じない程度の時間をおく。
両足を伸ばし、シルシャサナに戻りバランスをとる。
シルシャサナ同様の順でスタートポジションに戻る。

Benefits:このアサナは背部と胸を大きく広げる。骨盤部の血行を良くするため生殖器の問題にはとてもいい。

Other details:シルシャサナとパドマサナに準ずる。

 

背部伸展ポーズ

背部伸展ポーズ【前曲のヨガ・アサナ2】

背部伸展ポーズやり方説明。このアサナはハムストリングをストレッチさせ、また股関節の柔軟性を養う。腹部のマッサージ効果があり、肝臓、脾臓、腎臓、副腎など内蔵を正常な状態に保つ。

橋のポーズ

橋のポーズ【反曲のヨガ・アサナ15】

橋のポーズやり方説明。両足を前に出して座る。骨盤の横、後ろに30cmくらいのところで手掌を床につける。指先は後方を向いていること。肘を伸ばしやや上体をろらせておく。

太陽礼拝9

スリヤナマスカ (太陽礼拝)【ヨガ・セラピー】

太陽礼拝(サンサルテーション)の詳しいやり方をご紹介。スリヤナマスカは太陽礼拝の意味。すなわちスリヤナマスカとは太陽に向かって朝のあいさつをするようなエクササイズのこと

馬のポーズ

馬のポーズ【均衡のアサナのヨガ12】

馬のポーズ-ヴァタヤナサナ-VATAYANASANA-वातायनासन このアサナは膝と足の筋肉を鍛える。腎臓の過剰な働きを調節し、排尿過多に働きかける。精子の生産をおさえるため、ブラマチャリヤを続けるのに役立つ。

サイド目のヨガ

【目のヨガ・エクササイズ2】ヨガ・セラピー

サイドウェイズビューイング-目のヨガ・エクササイズやり方説明。眼精疲労や目の使いすぎに緊張をときほぐしリラックスさせる。斜視の予防と改善に。

inverted
ヨガ, 逆転のヨガ・アサナ

ニラーランバ・シルシャサナ【逆転のヨガ・アサナ13】

逆転のアサナをご紹介します《ニラーランバ・シルシャサナ》

逆転のヨガ・アサナ Inverted Asanas 逆転のヨガ・アサナ Inverted Asanas

 

ニラーランバ・シルシャサナ NIRALAMBA SIRSHASANA
निरालम्ब शीर्षसन

 
inverted

 

バランシングヨガ

【均衡のアサナのヨガ】ヨガ・セラピー

均衡のヨガ・アサナ一覧。

首のポーズ

首のポーズ【反曲のヨガ・アサナ16】

首のポーズやり方説明。仰向けになる。両足は少し開いて、膝を曲げて立てておく。両手は横に伏せておく。手足で踏ん張り体幹を持ち上げる。
百会を床に付け、頭と足でバランスを取る。バランスが取れたら、両腕を上げ胸の前で組む。

準鋤のポーズ

準鋤のポーズ【逆転のヨガ・アサナ6】

準鋤のポーズやり方説明。骨盤部のストレッチとなる。腎臓、腸を整える。肥満改善にもなる。床の上に仰向けになる。両足は閉じておく。
両手は体にそえて、掌を下にして床に伏せておくか、握り拳をつくり臀の下におく。

サイド目のヨガ

【目のヨガ・エクササイズ2】ヨガ・セラピー

サイドウェイズビューイング-目のヨガ・エクササイズやり方説明。眼精疲労や目の使いすぎに緊張をときほぐしリラックスさせる。斜視の予防と改善に。

捻コブラのポーズ

捻コブラのポーズ【反曲のヨガ・アサナ3】

捻コブラのポーズやり方説明。このアサナでは特に腸に働きかけることができる。顔と体幹を左にひねる。目線は左肩越しに右踵を見つめる。顔と体幹を正面に向け直し、反対側に同様にひねっていく。

サランバ・シルシャサナ
ヨガ, 逆転のヨガ・アサナ

サランバ・シルシャサナ【逆転のヨガ・アサナ12】

逆転のアサナをご紹介します《ヨガ・セラピー》

逆転のヨガ・アサナ Inverted Asanas 逆転のヨガ・アサナ Inverted Asanas

 

サランバ・シルシャサナ SALAMBA SIRSHASANA
सालम्ब शीर्षसन

 
サランバ・シルシャサナ

 

肩のポーズ

肩のポーズ【反曲のヨガ・アサナ12】

肩のポーズやり方説明。脊椎を調整するのにいい。猫背など。腰痛、背部痛。さらに、腹部のストレッチ作用で内蔵のマッサージ効果が得られる。女性の生殖器官を調整でき、特に、流産しやすい人にはいいエクササイズである。

猫の伸びのポーズ

猫の伸びのポーズ(マルジャリ・アサナ)【ヴァジラサナのヨガ7】

猫の伸びのポーズやり方説明。このアサナは女性生殖器を健康にたもち、月経異常や白帯下などによく、生理中には生理痛をやわらげてくれる。呼吸と動作がシンクロナイズするように。脊柱の柔軟性に。

ムールダサナ

ムールダサナ【逆転のヨガ・アサナ2】

ムールダサナやり方説明。立っている時に吸気。前に倒しながら呼気。最終ポジションで自然呼吸。上体を起こしながら吸気。最終ポジションを初めは数秒にして、少しづつ延ばしていく

ライオンの遠吠えポーズ

ライオンの遠吠えポーズ Roaring Lion【ヴァジラサナのヨガ5】

ライオンの遠吠えポーズやり方説明。このアサナは喉頭、咽頭、目、鼻、耳においてのすべての病気・不調和を軽減させる。胸部の緊張をゆるめる。太くきれいな声をつくる。また、神経質で内向的な性格に悩む人にもとてもいい。

倍角のポーズ

倍角のポーズ【立位のアサナのヨガ11】

倍角のポーズやり方説明。DWIKONASANA द्विकोणासन このアサナは胸部と頚部を鍛える。とくに成長期の若年者にとてもいいエクササイズである。直立した時に吸気。上半身を前にたおしながら呼気。上半身を起こしながら吸気。

シルシャサナ
ヨガ, 逆転のヨガ・アサナ

頭立のポーズ・ヘッドスタンド【逆転のヨガ・アサナ11】

逆転のアサナをご紹介します《ヘッドスタンド》

逆転のヨガ・アサナ Inverted Asanas 逆転のヨガ・アサナ Inverted Asanas

 

シルシャサナ SIRSHASANA शीर्षसन

《頭立のポーズ・ヘッドスタンド》

 
逆転のヨガ
 

Stage1
ヴァジラサナ をとる。目を閉じ全身リラックスさせる。
数分間おき、目を開け、両手指を組み合わせる。
上体を前に倒していき、組み合わせた手を膝の前で床につける。
左右の肘と組んだ指の3点が正三角形になっていること。
この手の中に頭をもってくる。
圧がかかっても倒れないよう、しっかり頭をサポートする。

 
頭立のポーズ準備
 

Stage2
両膝と腰を上げ、両足を真っ直ぐ伸ばす。

 
頭立のポーズ3
 

Stage3
ゆっくりと足を左右一歩づつ、頭と体幹に向かって爪先歩き。
体幹が床と垂直になるところまでもってくる。
両膝を弛め、両腿を胸に押しあてる。
体重をつま先から頭と腕へゆっくりとバランスを取りながら移動させる。
片足を床から20cmくらい浮かす。
バランスがとれてから、さらにもう片方の足を浮かす。

ヘッドスタンド4
 

Stage4
両膝を曲げ、少しずつふくらはぎを上げていく。
足を上げることで、さらに体重がかかってくるので、ここでバランスを取り直しておく。
両踵をお尻の近くにもっっていく。
両膝は閉じて下を向いている。
ここで数秒おき、次のステップに移る前にバランスをしっかりとる。

 
ヘッドスタンド5
 

Stage5
両膝を体幹と同じライン、床と垂直になるところまで持ってくる。
踵はお尻の近くから離さないこと。
全身のバランスをとる。

 
シルシャサナ
 

Stage6
ゆっくりと膝を伸ばし、足を上げていく。
全身が一つのライン上でリラックス。
足首だけは伸ばさす自然に曲げておく。
これが最終ポジション。
目を閉じバランスを取りながら全身リラックスさせる。
ここで苦痛を感じない程度の時間をおく。

Stage7
スタートポジションに戻る。
まず両膝を曲げ、つま先を床につけるまで、上げたときとは逆の手順をたどる。
膝をついても、しばらくは頭を床につけたままにし、落ち着いてから、ゆっくり頭を上げる。

Breathing:Stage1の終わりに吸気。最終ポジションまで呼吸を止める。初心者は最終ポジションまで自然呼吸。最終ポジションで自然呼吸。

Duration:最終ポジションを初心者は30秒から行い、徐々に延ばしていく。通常は3~5分で十分だが、上級者は30分まで延ばしてもよい。

Awareness:Physical- 初心者はバランスをとることに。上級者は脳、頭部の中央に、または呼吸に。
Spiritual- サハスララ・チャクラに。

Sequence : 初心者はこのアサナをアサナプログラムの最後に行う。上級者は、プログラムの最初か最後に行う。このアサナの後には タダサナ を、その次は シャヴァサナ を行うとよい。

Contra-indications:このアサナは高血圧症、心臓疾患、血栓症、動脈硬化症、慢性カタル、慢性便秘、腎臓疾患、重度の近眼、結膜炎、緑内障、中耳炎脳出血、妊娠中、生理中、などの人は行ってはいけない。頭痛・片頭痛の予防にはいいアサナだが、頭痛があるときは行うべきではない。

Benefits:このアサナはとても強力なもので、サハスララ・チャクラに働きかけることが出来るため、すべてのアサナの中でも最強とされている。 脳へ、とくに下垂体への血流を促し、心と身体の全身に新しい活力を与える。心身機能の多くの不調の原因である不安や心配を和らげ取り除くことができる。このため、喘息花粉症糖尿病更年期障害 などの人にお勧めできるアサナである。また、内分泌を調節する作用があり、生殖器系統の問題に対しても使うことができる。身体が逆さまになることで、常に脊椎にかかっている負担が軽減される。内臓および下肢の血流が逆流することで組織の再生に役立つ。腹部の重みが横隔膜にかかるため深い呼吸が促進され二酸化炭素が多く吐き出され、毒素が肺から排出される。

Practice note:最終ポジションで体重は頭(百会)におくこと。両手はあくまでバランスをとるためにある。初心者は首が十分に体重を支えられるほど強くなるまで、またバランスがしっかり取れるようになるまでは両手に体重がかかるようにしてもよい。練習中に身体が崩れて落ちてしまった場合は、できるだけ身体を休ませる。前に倒れ込んだ時は両足の衝撃を落ち着かせるため、仰向けになり、両膝を曲げ胸に近づけ抱え込む。もし後ろに倒れ込んだ時は、まず背中を反らして伸ばし、それから両膝を抱え込み落ち着かせる。

 

蓮肩立ポーズ

蓮肩立ポーズ【逆転のヨガ・アサナ5】

蓮肩立ポーズやり方説明。このアサナは、特に骨盤部と内臓にストレッチとマッサージ効果を与えることができる。サルヴァンガサナをとる。最終ポジションで両足をパドマサナにする。

ニラーランバ・パスチモッタナサナ

ニラーランバ・パスチモッタナサナ【均衡のアサナのヨガ9】

ニラーランバ・パスチモッタナサナー両足を前に伸ばして座る。両膝を曲げ、胸につけるようにする。足裏は床につける。両腕を廻し、横から足裏をつかむようにする。全身リラックスさせ、前面の一点を決め凝視する。

月のポーズ

月のポーズ シャシャンカサナ【ヴァジラサナのヨガ9】

月のポーズやり方説明。背中の筋肉のストレッチとそれぞれの椎間板の圧迫を解き放つ。副腎機能を整え、骨盤を支える筋肉を鍛える。男女ともに生殖器系の問題を軽減させることができる。

橋のポーズ

橋のポーズ【反曲のヨガ・アサナ15】

橋のポーズやり方説明。両足を前に出して座る。骨盤の横、後ろに30cmくらいのところで手掌を床につける。指先は後方を向いていること。肘を伸ばしやや上体をろらせておく。

陶酔のポーズ

陶酔のポーズ アナンダ・マディラサナ【ヴァジラサナのヨガ2】

アナンダ・マディラサナ-陶酔のポーズやり方説明。このポーズは心を落ち着かせ、神経系をリラックスさせる。アジナ・チャクラを覚醒させる。深くゆっくりした呼吸で。

スタンバン・アサナ
ヨガ, 逆転のヨガ・アサナ

柱のポーズ【逆転のヨガ・アサナ10】

逆転のアサナをご紹介します《柱のポーズ》

逆転のヨガ・アサナ Inverted Asanas 逆転のヨガ・アサナ Inverted Asanas

 

スタンバン・アサナ STAMBHAN ASANA स्तम्भ आसन

《柱のポーズ》

 
柱のポーズ
 

このアサナは似たような体格を持ったもの同士ペアで行う。
お互いの百会が触れ合うようにして床に仰向けになる。
両足は閉じておき、両手は身体の横にそえておく。
2人の身体が一直線になっていること。
両手を肩の上に持っていき、お互いの手をつかみ合う。
肘は伸びていて、両手がしっかり床についていること。
お互いの百会が押しあっているようになる。これがスタートポジション。
一人が両足を揃えて上げ、床と垂直になるところまで持っていく。
ここで数秒間おく。
両足を下げ、床に戻す。
もう一度、同じ人が両足を上げ、腰も上げる。
足が床と水平になるところまで持ってくる。
この足指先が相手の臍の上の位置にくる。ここで数秒間おく。
ゆっくりと足を上げ、腰を床につけ、足を床に戻す。
今度は相手の人が同じ動作を繰り返す。

Breathing:スタートポジションで吸気。足を上げてから下げるまで呼吸を止める。スタートポジションに戻って呼気。

Duration:一人5回づつまで。

Awareness:Physical- 動作がパートナーとシンクロナイズされていることに、または呼吸に、腹部に。
Spiritual- マニプラ・チャクラ に。

Sequence:このアサナの後には、マカラサナ などの リラクゼーションアサナ、または セトゥアサナ などの 反曲のアサナ を行うとよい。

 

ニラーランバ・パスチモッタナサナ

ニラーランバ・パスチモッタナサナ【均衡のアサナのヨガ9】

ニラーランバ・パスチモッタナサナー両足を前に伸ばして座る。両膝を曲げ、胸につけるようにする。足裏は床につける。両腕を廻し、横から足裏をつかむようにする。全身リラックスさせ、前面の一点を決め凝視する。

満バッタのポーズ

満バッタのポーズ【反曲のヨガ・アサナ8】

満バッタのポーズやり方説明。うつ伏せで吸気。足を上げながら呼吸を止める。最終ポジションで自然呼吸。元のポジションに戻りながら呼吸を止める。このアサナは上級者、柔軟性のある人のみ行うこと。

蛇のポーズ

蛇のポーズ【反曲のヨガ・アサナ5】

蛇のポーズ-サルパサナ-SARPASANA-सर्पासन このアサナは感情を吐き出すのにとてもいい作用を及ぼすことができる。特に喘息の人にはいいエクササイズである。上体を上げる時と最終ポジションで呼吸を止める。

牛顔のポーズ

牛顔のポーズ【反曲のヨガ・アサナ19】

牛顔のポーズやり方説明。このアサナはリラクゼーションにとてもいい。疲れをほぐし、緊張、不安を和らげるのに10分以上行ってもよい。背部痛、腰痛、座骨神経痛、リウマチや肩、首の凝りにもよい。

逆転のヨガ・アサナ

頭立蓮のポーズ【逆転のヨガ・アサナ14】

頭立蓮のポーズやり方説明。シルシャサナをとる。バランスがしっかり取れたところで、ゆっくりと両足でパドマサナを組む。ここで苦痛を感じない程度の時間をおく。骨盤部の血行を良くするため生殖器の問題にはとてもいい。

アーダ・パドマ・ハラサナ
ヨガ, 逆転のヨガ・アサナ

動的半蓮鋤のポーズ【逆転のヨガ・アサナ9】

逆転のアサナをご紹介します《動的半蓮鋤のポーズ》

逆転のヨガ・アサナ Inverted Asanas 逆転のヨガ・アサナ Inverted Asanas
 

アーダ・パドマ・ハラサナ ARDHA PADMA HALASANA
अर्ध पद्म सर्वांगासन

《動的半蓮鋤のポーズ》

 
動的半蓮鋤のポーズ
 

両足を閉じ、前に出して床に座る。
左足の膝を曲げ、ハーフルータス の足のポジションに持ってくる。
両手を身体の横で床に掌を伏せる。
両手で支えながら、上体を後ろに転がしていく。
前に伸ばしていた足を頭上に持っていき、つま先を床につける。
動きを止めないように、すぐに床に転がり、上体を起こして前屈させる。
前に出している足の指をつかむ。額を膝につけるようにする。
頭を上げスタートの座るポジションに戻る。
右膝を曲げて、同じ動作を繰り返す。

Breathing:転がる前に吸気+呼気。動作の途中は呼吸を止める。

Duration:各足5回まで。

Awarenessドゥルタハラサナ と同様。

Sequence:このアサナの後には スプタヴァジラサナマツヤサナ などの 反曲のアサナ を用いるとよい。

Other details:ドゥルタハラサナ と同様。

Practice note:頭を床に打ちつけないよう注意すること。背部と脚部の筋肉への負担を考慮して行うこと。

 

平伏のポーズ

平伏のポーズ【捻曲のヨガ・アサナ2】

平伏のポーズやり方説明。正面を向いているとき吸気。ツイストしながら呼吸を止める。体幹を下げながら呼気。最終ポジションで呼吸を止める。体幹を上げながら吸気。正面に戻りながら呼気。

胎児のポーズ

胎児のポーズ【パドマサナのヨガ7】

胎児のポーズやり方。このアサナは副腎の調整。心を落ち着かせる。特に怒りの感情を押さえられない人は毎日行うとよい。腹部・内蔵のマッサージとなり、消化をよくする。バランス感覚がよくなる。

勇士のポーズ

勇士のポーズ ヴィーラサナ【ヴァジラサナのヨガ6】

勇士のポーズやり方説明。このアサナで心のバランスをとる。集中力を養い、思考がはっきり明確になってくる。いつも考え事が止まらずコントロールできないような人に。腎臓、肝臓、生殖器系、消化器系の臓器に働きかけることができる。

猫の伸びのポーズ

猫の伸びのポーズ(マルジャリ・アサナ)【ヴァジラサナのヨガ7】

猫の伸びのポーズやり方説明。このアサナは女性生殖器を健康にたもち、月経異常や白帯下などによく、生理中には生理痛をやわらげてくれる。呼吸と動作がシンクロナイズするように。脊柱の柔軟性に。

アーダ・チャンドラサナ

半月のポーズ【反曲のヨガ・アサナ13】

半月のポーズやり方説明。このアサナは身体全体を弛め、活気づける。特に女性の卵巣、子宮、尿路の問題に対してとてもいいアサナである。首、胸にストレッチを与えるため呼吸器官の問題(風邪、咽頭炎などを含む)にとてもいいエクササイズとなる。

動的鋤のポーズ
ヨガ, 逆転のヨガ・アサナ

動的鋤のポーズ【逆転のヨガ・アサナ8】

逆転のアサナをご紹介します《動的鋤のポーズ》

逆転のヨガ・アサナ Inverted Asanas 逆転のヨガ・アサナ Inverted Asanas

 

ドゥルタ・ハラサナ DRUTA HALASANA द्रुत हलसन

《動的鋤のポーズ》

 
動的鋤のポーズ
 

床の上に仰向けになる。両足は閉じておく。
両手は身体の横、掌を下にして床に伏せておく。
全身リラックスさせる。
両手で床を押しつけ、すばやく転がり、両足を頭上に持っていき、つま先を床につける。
膝は曲がらないように真っ直ぐ伸ばしたまま行う。
このポジションで1~2秒。
元のスタートポジションに、すばやく転がり戻る。
そのまま起き上がり、パスチモッタナサナ に移行する。
膝を真っ直ぐにし、額が膝につくようにする。
頭を上げ、座る。これで1ラウンド。
すべての動きが流れるように、速度も一定で行う。

Breathing:始める前に、深く吸気+呼気。ハラサナ へと、そこから パスチモッタナアサナ、座るところまで呼吸を止める。座って吸気+呼気。

Duration:10ラウンドまで行うことができる。

Awareness:Physical- 動作の流れに、または背中のストレッチに。
Spiritual- マニプラ・チャクラ 等に。

Sequence:このアサナの後には、マツヤサナスプタヴァジラサナ などの 反曲のアサナ を行うとよい。

Contra-indications:このアサナは 坐骨神経痛 などの背部、頸部に問題のある人、高血圧症 の人は行わないこと。

Benefits:このアサナは ハラサナ と パスチモッタナサナ の両方の効果を持ち合わせている。消化管の蠕動運動を促進させ、消化機能向上、便秘 解消、肝臓および胆嚢の働きを助け、腰部のストレッチとなる。

 

目のヨガ

【目のヨガ・エクササイズ】ヨガ・セラピー

目のヨガ・エクササイズ一覧。緑内障、白内障、結膜炎などを除いて、現代のほとんどの眼の問題は慢性的な精神面でのストレスによる眼筋の機能障害が起因する。近視、遠視、斜視、老眼などはこれにあてはまり、軽いアイエクササイズー目のヨガで軽減させることができる。

ムールダサナ

ムールダサナ【逆転のヨガ・アサナ2】

ムールダサナやり方説明。立っている時に吸気。前に倒しながら呼気。最終ポジションで自然呼吸。上体を起こしながら吸気。最終ポジションを初めは数秒にして、少しづつ延ばしていく

蓮肩立ポーズ

蓮肩立ポーズ【逆転のヨガ・アサナ5】

蓮肩立ポーズやり方説明。このアサナは、特に骨盤部と内臓にストレッチとマッサージ効果を与えることができる。サルヴァンガサナをとる。最終ポジションで両足をパドマサナにする。

サイタルヤサナ

サイタルヤサナ【前曲のヨガ・アサナ1】

サイタルヤサナやり方説明。背部、骨盤部、内腿、股関節のストレッチ。腹部を腿に押しつけて行うと内蔵のマッサージとなる。メディテーションポーズの下準備として最適なエクササイズである。

ヴァシシュタナサナ【均衡のアサナのヨガ20】

ホーム » ヨガ・セラピー » 均衡のアサナ » ヴァシシュタナサナ 均衡のヨガ・アサナをご紹介します《ヴァシシュタナサナ》   ヴァシシュタナサナ VASHISHTHASANA    

鋤のポーズ
ヨガ, 逆転のヨガ・アサナ

鋤のポーズ【逆転のヨガ・アサナ7】

逆転のアサナをご紹介します《鋤のポーズ》

逆転のヨガ・アサナ Inverted Asanas 逆転のヨガ・アサナ Inverted Asanas

 

ハラサナ HALASANA हलसन

《鋤のポーズ》

 
逆転のアサナ
 

床の上に仰向けになる。両足は閉じておく。
両手は体にそえて、掌を下にして床に伏せておく。
腹筋だけを使い、両足を上げていき、床と垂直になるところまで(90度)もってくる。
両手を床に押すようにし、腰を上げ、転がるように腰から背中をゆっくり上げていく。
両足は頭の上の方に下げていき、指先が床につくようにするが、無理をしなくてよい。
両肘を曲げ、サルヴァンガサナ 同様に掌で背中を支える。
この最終ポジションで苦痛を感じない程度の時間をおく。
スタートポジションに戻るにはまず、両手を下げ、床に掌をつけ、ゆっくり背中から腰を下ろしていく。両足を床と垂直になる位置に持ってくる。腹筋を使い、足を下げてくる。
この時、膝が曲がらないようにする。

Breathing:スタートポジションで吸気。足、体幹を上げ最終ポジションまでの間、呼吸を止める。最終ポジションで深くゆったり自然呼吸。足、体幹を下げ、スタートポジションに戻るまで呼吸を止める。

Duration:初心者は最終ポジションを15秒から。週に数秒間増やすようなペースで行っていく。10分以上まで延ばしてもよい。

Awareness:Physical- 腹部に。背部を弛めることに。呼吸に、または甲状腺に。
Spiritual- マニプラ・チャクラに。ヴィシュッダ・チャクラ に。

Sequence:可能であれば、このアサナは サルヴァンガサナ から続けて行うとよい。サルヴァンガサナから、両足を頭の方に下げてバランスをとり、ゆっくりと両手を床に持っていき、スタート時ように掌を伏せる。全身リラックスさせ、足をさらに下げていき、指先が床につくまで下げていく。膝が曲がらないようにすること。
このアサナの後には、マツヤサナウシュトラサナ、または スプタヴァジラサナ を行う。下記のバリエーションを続けて行ってもよい。パスチモッタナサナ の予備練習にいいアサナである。

Contra-indications:ヘルニア、坐骨神経痛、重度の 高血圧症、背部に問題のある人、特に頸部関節炎の人はこのアサナは行わないこと。

Benefits:このアサナで横隔膜が動くことにより、内臓マッサージの効果があり、消化促進、便秘 解消、脾臓や副腎を活性化。膵臓と腎臓の働きを整え、インシュリン分泌を正常にさせる。腹筋を鍛え、背部の凝りを弛める。脊髄神経を調節し、交感・副交感神経の働きを整える。全身の血行をよくする。甲状腺へ働きかけ、全身の新陳代謝をよくする。同様に、胸腺へ働きかけ、免疫力を高める。このアサナは、喘息気管支炎便秘肝炎、泌尿器、月経異常 へのヨガセラピーとして用いられている。

Variation1:最終ポーズから、全身がフルストレッチされるまで、つま先を頭上に数歩進める。顎が腿につくようにする。ここで苦痛を感じない程度の時間をとる。自然呼吸。このポーズは特に上背部、頸部へのストレッチとなり、上部の脊椎の柔軟性を養う。

 
鋤のポーズ
 

Variation2:最終ポジションで、頭上につま先を数歩進める。膝が曲がらないようにすること。両手で足つま先をつかむ。肘を曲げないようにする。自然呼吸で、苦痛を感じない程度の時間をおく。このポーズでは特に下背部、腰部をストレッチさせる。

これらのバリエーションの後は通常のハラサナに戻ってから、スタートポジションに戻ること。

 

動的捻転ポーズ

動的捻転ポーズ【捻曲のヨガ・アサナ1】

動的捻転ポーズやり方説明。ビギナーにいい捻曲のアサナである。脊椎をストレッチさせ、脊椎神経を整える。数秒休んで落ち着いたら、同じ動作を繰り返す。マニプラ・チャクラに。

優位のポーズ

優位のポーズ【リラクゼーションのヨガ3】

ジェスティカサナ優位のポーズのやり方説明。すべての脊髄の不調を訴える人に。特に、首のこり、背中のこり、頸部脊椎炎などに。うつぶせで額を床につけて静止。

橋のポーズ

橋のポーズ【反曲のヨガ・アサナ15】

橋のポーズやり方説明。両足を前に出して座る。骨盤の横、後ろに30cmくらいのところで手掌を床につける。指先は後方を向いていること。肘を伸ばしやや上体をろらせておく。

ヴァジラサナ

金剛杵のポーズ ヴァジラサナ【ヴァジラサナのヨガ1】

ヴァジラサナ-金剛杵のポーズやり方説明。このポーズで腰部の血行をよくし、筋肉を鍛え、神経を刺激することができる。消化機能を整え、とくに胃酸過多や胃潰瘍には効果的である。このポーズは努力しなくても背筋がまっすぐになるため瞑想にとてもいいアサナのひとつである。

蓮のポーズ

蓮(ルータス)のポーズ【メディテーションのヨガ3】

瞑想のヨガ-蓮のポーズやり方説明。このポーズで脊柱にやさしい刺激をあたえ、自律神経系統へのリラクゼーション効果をもたらすことができる。副交換神経優位になり、呼吸はゆっくりと、筋緊張は減少し、血圧は下がり、消化器系は活発になる。

準鋤のポーズ
ヨガ, 逆転のヨガ・アサナ

準鋤のポーズ【逆転のヨガ・アサナ6】

逆転のアサナをご紹介します《準鋤のポーズ》

逆転のヨガ・アサナ Inverted Asanas 逆転のヨガ・アサナ Inverted Asanas

 

プールヴァ・ハラサナ PUURVA HALASANA पूर्व हलसन

《準鋤のポーズ》

 
準鋤のポーズ
 

床の上に仰向けになる。両足は閉じておく。
両手は体にそえて、掌を下にして床に伏せておくか、握り拳をつくり臀の下におく。
これがスタートポジション。
両足を上げていき、床と垂直になるところまで(90度)もってくる。
腰が浮かないよう床につけておく(または拳に)。
つま先をさらに頭の方に下げていき、体幹と45度のところまで持ってくる。
両足をできるだけ大きく開き、また閉じる。
両足を揃え、元のスタートポジションに下げていく。
膝が曲がらないようにすること。

Breathing:スタートポジションで吸気。足を上げながらと、足の開閉、そして足を下げながら呼吸を止める。スタートポジションに戻ってから呼気。

Duration:5~10ラウンド。

Awareness:Physical- 動作をコントロールすることに、または甲状腺に。
Spiritual- マニプラ・チャクラ か、ヴィシュッダ・チャクラ に。

Sequence:このアサナの後には 反曲のアサナ を持ってくるとよい。例えば、ブジャンガサナシャラバサナ など。

Contra-indications:このアサナは高齢者や弱者、坐骨神経痛椎間板ヘルニア の人は行わないこと。

Benefits:骨盤部のストレッチとなる。腎臓、腸を整える。肥満 改善にもなる。

 

雄鶏のポーズ

雄鶏のポーズ【パドマサナのヨガ6】

雄鶏のポーズのやり方。このアサナはバランスと安定性を保ち、ムーラダラ・チャクラのクンダリニを目覚めさせるのに用いられる。

満バッタのポーズ

満バッタのポーズ【反曲のヨガ・アサナ8】

満バッタのポーズやり方説明。うつ伏せで吸気。足を上げながら呼吸を止める。最終ポジションで自然呼吸。元のポジションに戻りながら呼吸を止める。このアサナは上級者、柔軟性のある人のみ行うこと。

コブラの襲撃ポーズ

コブラの襲撃ポーズ (シャシャンカ・ブジャンガサナ)【ヴァジラサナのヨガ10】

コブラの襲撃ポーズやり方説明。このアサナで骨盤部、腹部に働きかけ 月経異常など女性生殖器系の不調にとてもいい。内臓器管、とくに肝臓、腎臓などの調節に役立つ。背部の柔軟性をやしなうのにとてもいい。

ウッテュタ・ハスタ・パダングスタサナ

手足親指ストレッチポーズ – ウッテュタ・ハスタ・パダングスタサナ【均衡のアサナのヨガ7】

手足親指ストレッチポーズやり方説明。集中力を養い、筋を鍛え神経のバランスを整える。特に腰部、下肢。足親指をつかみながら吸気。片足を前に伸ばしながら呼気と吸気。足を前から上に持ち上げながら呼気。

ムールダサナ

ムールダサナ【逆転のヨガ・アサナ2】

ムールダサナやり方説明。立っている時に吸気。前に倒しながら呼気。最終ポジションで自然呼吸。上体を起こしながら吸気。最終ポジションを初めは数秒にして、少しづつ延ばしていく