動的鋤のポーズ【逆転のヨガ・アサナ8】

動的鋤のポーズ

スポンサーリンク

逆転のアサナをご紹介します《動的鋤のポーズ》

逆転のヨガ・アサナ Inverted Asanas 逆転のヨガ・アサナ Inverted Asanas

 

ドゥルタ・ハラサナ DRUTA HALASANA द्रुत हलसन

《動的鋤のポーズ》

 
動的鋤のポーズ
 

床の上に仰向けになる。両足は閉じておく。
両手は身体の横、掌を下にして床に伏せておく。
全身リラックスさせる。
両手で床を押しつけ、すばやく転がり、両足を頭上に持っていき、つま先を床につける。
膝は曲がらないように真っ直ぐ伸ばしたまま行う。
このポジションで1~2秒。
元のスタートポジションに、すばやく転がり戻る。
そのまま起き上がり、パスチモッタナサナ に移行する。
膝を真っ直ぐにし、額が膝につくようにする。
頭を上げ、座る。これで1ラウンド。
すべての動きが流れるように、速度も一定で行う。

Breathing:始める前に、深く吸気+呼気。ハラサナ へと、そこから パスチモッタナアサナ、座るところまで呼吸を止める。座って吸気+呼気。

Duration:10ラウンドまで行うことができる。

Awareness:Physical- 動作の流れに、または背中のストレッチに。
Spiritual- マニプラ・チャクラ 等に。

Sequence:このアサナの後には、マツヤサナスプタヴァジラサナ などの 反曲のアサナ を行うとよい。

Contra-indications:このアサナは 坐骨神経痛 などの背部、頸部に問題のある人、高血圧症 の人は行わないこと。

Benefits:このアサナは ハラサナ と パスチモッタナサナ の両方の効果を持ち合わせている。消化管の蠕動運動を促進させ、消化機能向上、便秘 解消、肝臓および胆嚢の働きを助け、腰部のストレッチとなる。

 

優位のポーズ
スポンサーリンク

優位のポーズ【リラクゼーションのヨガ3】

ジェスティカサナ優位のポーズのやり方説明。すべての脊髄の不調を訴える人に。特に、首のこり、背中のこり、頸部脊椎炎などに。うつぶせで額を床につけて静止。

胎児のポーズ

胎児のポーズ【パドマサナのヨガ7】

胎児のポーズやり方。このアサナは副腎の調整。心を落ち着かせる。特に怒りの感情を押さえられない人は毎日行うとよい。腹部・内蔵のマッサージとなり、消化をよくする。バランス感覚がよくなる。

コブラのポーズ【反曲のヨガ・アサナ2】

コブラのポーズやり方説明。産婦人科系の問題や月経異常などによいエクササイズである。便秘を解消し、食欲を整える。特に腎臓・肝臓によい。副腎のマッサージ効果もあり、ホルモンの働きを正常にさせる。

ライオンの遠吠えポーズ

ライオンの遠吠えポーズ Roaring Lion【ヴァジラサナのヨガ5】

ライオンの遠吠えポーズやり方説明。このアサナは喉頭、咽頭、目、鼻、耳においてのすべての病気・不調和を軽減させる。胸部の緊張をゆるめる。太くきれいな声をつくる。また、神経質で内向的な性格に悩む人にもとてもいい。

シルシャサナ

頭立のポーズ・ヘッドスタンド【逆転のヨガ・アサナ11】

頭立のポーズ-シルシャサナ-SIRSHASANA-शीर्षासन このアサナはとても強力なもので、サハスララ・チャクラに働きかけることが出来るため、すべてのアサナの中でも最強とされている。また、内分泌を調節する作用があり、生殖器系統の問題に対しても使うことができる

Copied title and URL