パドマサナのヨガ・アサナ, ヨガ

雄鶏のポーズ【パドマサナのヨガ6】

パドマサナをご紹介します《雄鶏のポーズ》

パドマサナ・グループのヨガ・アサナ Padmasana Group of Asanas パドマサナ・グループのヨガ・アサナ Padmasana Group of Asanas

 

クックタサナ KUKKUTASANA कुक्कुटासन

《雄鶏のポーズ》

 
雄鶏のポーズ

 

パドマサナ で座る。膝の下、ふくらはぎと腿の間に手を入れる。
肘の高さに足がくるまで押し込んでいく。
掌を床にしっかりつけて、次第に体を浮かせていく。
目線は前面のポイントを決め動かさず、両手でバランスをとる。
背中はまっすぐに。このポジションでできるだけ長く時間をとる。
ゆっくりと浮かせた体を床につけ、両手、両足をほどく。
足を左右組みかえてパドマサナをとり、同じ動作をくりかえす。

Breathing:体を持ち上げながら呼気。最終ポジションで自然呼吸。体をおろしながら呼気。

Awareness:Physical- 呼吸に、またはバランスをとることに。
Spiritual- ムーラダラ・チャクラ に。

Benefits:腕と肩の筋を鍛え胸をストレッチさせる。
バランスと安定性を保ち、ムーラダラ・チャクラのクンダリニを目覚めさせるのに用いられる。

Practice note:腕が足の間に入れにくい場合、オイルをぬるとスムーズにできる。

 

エカ・パダサナ

片足のポーズ – エカ・パダサナ【均衡のアサナのヨガ5】

片足のポーズやり方説明。両足を閉じて直立し、全身リラックスさせる。両手を頭上に伸ばし、掌を下向きにし、両手指を組み合わせる。ゆっくりと上半身を前に倒す。同時に左足を後ろに伸ばす。

メヌ・アカルシャナサナ

メヌ・アカルシャナサナ【前曲のヨガ・アサナ7】

メヌ・アカルシャナサナやり方説明。このアサナはハムストリング、腿のインナーマッスルを鍛える。体のサイドを鍛え、柔軟性をつくる。足腰の肥満性には引き締め効果がある。

車輪のポーズ

車輪のポーズ【反曲のヨガ・アサナ18】

車輪のポーズ-チャクラサナ-CHAKRASANA-चक्रासन このアサナは神経系統、消化器系統、心臓血管系統など調節し、腺からの分泌物の調節を行うことができる。百会で上半身の体重を支え、ゆっくり全身を持ち上げる。

仰臥金剛杵のポーズ

仰臥金剛杵のポーズ(スプタ・ヴァジラサナ)【ヴァジラサナのヨガ14】

仰臥金剛杵のポーズやり方説明。このポーズで内蔵のマッサージ効果が得られ、消化器系の不調や便秘など軽減できる。また、創造力と思考力が高められ、性的エネルギーが促進される。

太陽礼拝9

スリヤナマスカ (太陽礼拝)【ヨガ・セラピー】

太陽礼拝(サンサルテーション)の詳しいやり方をご紹介。スリヤナマスカは太陽礼拝の意味。すなわちスリヤナマスカとは太陽に向かって朝のあいさつをするようなエクササイズのこと