雄鶏のポーズ【パドマサナのヨガ6】

雄鶏のポーズ

スポンサーリンク

パドマサナをご紹介します《雄鶏のポーズ》

パドマサナ・グループのヨガ・アサナ Padmasana Group of Asanas パドマサナ・グループのヨガ・アサナ Padmasana Group of Asanas

 

クックタサナ KUKKUTASANA कुक्कुटासन

《雄鶏のポーズ》

 
雄鶏のポーズ

 

パドマサナ で座る。膝の下、ふくらはぎと腿の間に手を入れる。
肘の高さに足がくるまで押し込んでいく。
掌を床にしっかりつけて、次第に体を浮かせていく。
目線は前面のポイントを決め動かさず、両手でバランスをとる。
背中はまっすぐに。このポジションでできるだけ長く時間をとる。
ゆっくりと浮かせた体を床につけ、両手、両足をほどく。
足を左右組みかえてパドマサナをとり、同じ動作をくりかえす。

Breathing:体を持ち上げながら呼気。最終ポジションで自然呼吸。体をおろしながら呼気。

Awareness:Physical- 呼吸に、またはバランスをとることに。
Spiritual- ムーラダラ・チャクラ に。

Benefits:腕と肩の筋を鍛え胸をストレッチさせる。
バランスと安定性を保ち、ムーラダラ・チャクラのクンダリニを目覚めさせるのに用いられる。

Practice note:腕が足の間に入れにくい場合、オイルをぬるとスムーズにできる。

 

スポンサーリンク

バッタのポーズ【反曲のヨガ・アサナ7】

バッタのポーズやり方説明。このアサナは自律神経に大きく作用する。特に副交換神経を活発にさせる。腰部を鍛え、坐骨神経痛、<腰痛、椎間板ヘルニアにはとてもよい。肝臓など内蔵を整え、胃腸病を軽減させ、食欲を回復させることができる

胎児のポーズ

【パドマサナのヨガ】ヨガ・セラピー

パドマサナ・グループのアサナは心と体のブロックを取り除きすべての チャクラに落ち着きと安らぎをあたえてくれる。これらの練習を重ねていくことでより長くパドマサナで瞑想を行うことができるようになってくる。

カパリ・アサナ

前額立のポーズ【逆転のヨガ・アサナ15】

前額立のポーズやり方説明。シルシャサナをとる。少しの間、バランスを十分整える。ゆっくりと頭の角度を変え、前額を床につける。ここで再びしっかりバランスをとる。

準鋤のポーズ

準鋤のポーズ【逆転のヨガ・アサナ6】

準鋤のポーズやり方説明。骨盤部のストレッチとなる。腎臓、腸を整える。肥満改善にもなる。床の上に仰向けになる。両足は閉じておく。
両手は体にそえて、掌を下にして床に伏せておくか、握り拳をつくり臀の下におく。

両手挙上ポーズ

両手挙上ポーズ【立位のアサナのヨガ1】

両手挙上ポーズやり方説明。このシンクロザイズされた深い呼吸で体内により多くの酸素を送り込むことができる。心臓が強化され全身の血行がよくなる。腕と肩のストレッチと肺の拡張に

Copied title and URL