裏蓮のポーズ【パドマサナのヨガ3】

パドマサナをご紹介します《裏蓮のポーズ》

パドマサナ・グループのヨガ・アサナ Padmasana Group of Asanas パドマサナ・グループのヨガ・アサナ Padmasana Group of Asanas
 

 

グプタ・パドマサナ GUPTA PADMASANA गुप्त पद्मासन

《裏蓮のポーズ》

 
裏蓮のポーズ
 

パドマサナ で座る。両膝の前で両手を床につける。
体を前に傾けさせ、両腕で支えながら、腰をあげて両膝で立つ。
ゆっくりと体を前にたおしていき床にうつ伏せになる。
顎を床につけておくか、顔を横向きにしてどちらかの頬を床につける。
背中に腕をもっていき合掌する。
できるなら合掌の先端が後頭部にあたるように。
目を閉じ全身リラックスさせる。
ゆっくりと元のポジションに戻る。
足を組みかえて同じ動作をくりかえす。

Breathing:自然呼吸で。

Duration:最終ポジションでは苦痛を感じない程度の時間をとる。

Awareness:Physical-心と体をリラックスさせることと、呼吸に。

Benefits:姿勢矯正。
リラクゼーションとしても行うことができ、感情のバランスを整え安定させることができる。

Practice note:深いリラクゼーションのためには両手を体の横で床においてもよい。
その場合、掌は上を向けておく。

 


 
胎児のポーズ

胎児のポーズ【パドマサナのヨガ7】

胎児のポーズやり方。このアサナは副腎の調整。心を落ち着かせる。特に怒りの感情を押さえられない人は毎日行うとよい。腹部・内蔵のマッサージとなり、消化をよくする。バランス感覚がよくなる。

裏蓮のポーズ【パドマサナのヨガ3】

裏蓮のポーズやり方。このアサナは姿勢矯正。リラクゼーションとしても行うことができ、感情のバランスを整え安定させることができる。

胎児のポーズ

【パドマサナのヨガ】ヨガ・セラピー

パドマサナ・グループのアサナは心と体のブロックを取り除きすべての チャクラに落ち着きと安らぎをあたえてくれる。これらの練習を重ねていくことでより長くパドマサナで瞑想を行うことができるようになってくる。

雄鶏のポーズ

雄鶏のポーズ【パドマサナのヨガ6】

雄鶏のポーズのやり方。このアサナはバランスと安定性を保ち、ムーラダラ・チャクラのクンダリニを目覚めさせるのに用いられる。

魚のポーズ

魚のポーズ【パドマサナのヨガ2】

マツヤサナ(魚のポーズ)やり方。このアサナは内蔵のストレッチとなる。背部の血行をよくするため脊椎炎や背部の凝りにもとてもよい。甲状腺と胸腺にも働きかけることができ、免疫力アップにつながる。