弓矢のポーズ【立位のアサナのヨガ2】

立位のアサナをご紹介します《弓矢のポーズ》

立位のヨガ・アサナ Standing Asanas 立位のヨガ・アサナ Standing Asanas
 

 

アーカルナ・ダヌラサナ AKARNA DHANURASANA आकर्ण धनुरासन

《弓矢のポーズ》

 
弓矢のポーズ
 

両足を肩幅に開いてまっすぐ立ち、両手は横にそえる。
右足を半歩前に出し、つま先を右に向ける。
右手で拳を握り、腕を伸ばし右上の目よりやや上の高さまでもってくる。
左手で拳をつくり、右拳にそえる。
弓を引く時のように、拳の先にターゲットを定め凝視する。
弓矢をイメージし息を吸いながらゆっくりと左拳を引き、左耳の後ろまで持ってくる。
引きながら両拳を強く力を込めて握り、頭はやや後ろに傾け、首に圧力をかけ緊張させる。
左肘は肩の高さでキープする。
息を吐きながら架空の矢を放つ。首をリラックスさせ弛め、また左拳を右拳にそえる。
これを5回繰り返し、反対側も同様に5回。

Breathing:吸気で引く、呼気で放ち拳を元の位置に戻す。

Awareness:呼吸と動作をシンクロナイズさせることに。力を込めた腕、元の位置に戻す拳に。

Benefits:このアサナは肩関節の、また頚部、肩甲骨に働きかけるエクササイズとなる。
 これらの深い内部の筋肉は普段の姿勢に大きくかかわっている。
 そのため、あまり使っていないようでも、いつの間にか凝りや痛みが発生したりする。
 意識的に緊張させたりリラックスさせたりすることで気の流れをよくする。
 頸部脊椎炎、肩こり、腕のこり、腱鞘炎などに。

 


 
胴体捻りのポーズ

胴体捻りのポーズ【立位のアサナのヨガ5】

胴体捻りのポーズやり方説明。このアサナでウエスト、背部、腰部の状態を整える。特に悪姿勢による背部の緊張をほぐし弛めることができる。スウングによる動作で心と体を軽くし日々の緊張をやわらげることができる。

振り子のポーズ

振り子のポーズ【立位のアサナのヨガ14】

振り子のポーズやり方説明。このアサナでハムストリングと背部の筋肉を鍛えることができる。自律神経を整え、頭部の血行をよくする。背部に。膝がまっすぐになっていてバランスがとれていることに。

直角のポーズ

直角のポーズ【立位のアサナのヨガ10】

直角のポーズやり方説明。初心者には最終ポジションをキープするのが難しいかもしれない。イスなど使って腕をサポートするといい。アナハタ・チャクラに。最終ポジションで呼吸を止める。上半身をおこしながら吸気。

立位スウィングポーズ横

立位スウィングのポーズ【立位のアサナのヨガ13】

立位スウィングポーズやり方説明。このアサナで疲労回復と血行をよくし、自律神経を調節できる。背部とハムストリングのストレッチ、腰をゆるめ、内蔵のマッサージにもなる。リンパの流れをよくし、毒出し作用にもなる。とくに脳に効く。

両手挙上ポーズ

両手挙上ポーズ【立位のアサナのヨガ1】

両手挙上ポーズやり方説明。このシンクロザイズされた深い呼吸で体内により多くの酸素を送り込むことができる。心臓が強化され全身の血行がよくなる。腕と肩のストレッチと肺の拡張に