【目のヨガ・エクササイズ6】ヨガ・セラピー

目のヨガ鼻先凝視

スポンサーリンク

目のヨガ・エクササイズをご紹介します《鼻先凝視》

目のヨガ・エクササイズ Yoga Exercises for the Eyes 目のヨガ・エクササイズ Yoga Exercises for the Eyes

Exercise 7 Preliminary Nasikagra Drishti
(preliminary nosetip gazing)《鼻先凝視》

足を前に出して、または組んで座る。
右手は親指を立て真っ直ぐ前に伸ばす。
親指が鼻先延長線上の高さになるように。
両目で右親指を見つめる。
目線は親指を見つめたまま、ゆっくり右肘を曲げる。
右親指が鼻先まできたら数秒間、右親指に視線を集中させる。
目線は親指のまま、ゆっくり肘を伸ばし、右手を元の位置に戻す。
これを5回繰り返す。

Breathing:鼻先に親指を持ってくる時に吸気。
鼻先で親指を止めている時は呼吸を止め。
腕を伸ばす時は呼気。

Benefit:眼筋の適応力と集中力をつける。

目のヨガ鼻先凝視

Exercise 8 Near and Distant Viewing

立つ、または座る。手は自然に体側におく。
窓を開けて、地平線が見えると理想的。
まず視線を鼻先に集中させ、5秒カウント。
次に視線を水平線(なるべく遠くの点)に移し、5秒カウントする。
これを10~20回繰り返す。
終わったら目を閉じ、リラックス。
パーミングを行うととてもよい。

Breathing:鼻先を見つめている時に吸気。遠くを見つめている時に呼気。

Benefits:エクササイズ7と同じだが、視界の領域がさらに広がる。

Practice note:エクササイズ1~8まで終わったら、シャヴァサナを数分間行う。

 

鷲のポーズ
スポンサーリンク

ガルダサナ・鷲のポーズ【均衡のアサナのヨガ3】

鷲のポーズ-ガルダサナ-GARUDASANA-गारुदासन このアサナは手足の筋力強化と関節を弛める。坐骨神経痛やリウマチ、陰嚢水腫などに効果的である。常に自然呼吸をとる。

三角のポーズ

三角のポーズ【立位のアサナのヨガ12】

三角のポーズやり方説明。両足を1mくらい開いて直立する。右足の足先を右に向ける。両腕を真横に広げ、肩の高さにもってくる。両腕が一直線になっていること。腰から上を右にたおす。前にひねらないこと、真横に。右の膝は少し曲げてもよい。

頭と爪先立ちポーズ

頭と爪先立ちポーズ【反曲のヨガ・アサナ17】

頭と爪先立ちポーズやり方説明。このアサナは上級者のみ。背部を強化し柔軟性を養う。腹筋、腿、首の筋肉も同様に鍛える。指導者がいる場合は甲状腺のヨガセラピーとして用いることができる。

開脚背部伸展ポーズ【前曲のヨガ・アサナ4】

開脚背部伸展ポーズやり方説明。スタートポジションで吸気。体幹を前に倒しながら呼気。前屈している間は深くゆっくりと呼吸、もしくは静止の時間が短ければ呼吸を止めて。体幹を起こしながら吸気。

ライオンのポーズ

ライオンのポーズ【メディテーションのヨガ8】

瞑想のヨガ-ライオンのポーズのやり方説明。シムハサナ。前かがみになり、両手を両膝の間で床につける。指先は自分の方にむける。両手をのばし体重をのせる。背をそらせ、首を後ろへ傾けストレッチ。

Copied title and URL