頭立蓮のポーズ【逆転のヨガ・アサナ14】

逆転のアサナをご紹介します《頭立蓮のポーズ》

逆転のヨガ・アサナ Inverted Asanas 逆転のヨガ・アサナ Inverted Asanas
 

 

ウールダヴァ・パドマサナ URDHVA PADMASANA
ऊर्ध्व पद्मासन

《頭立蓮のポーズ》

 
頭立蓮のポーズ
 

シルシャサナ をとる。
バランスがしっかり取れたところで、ゆっくりと両足で パドマサナ を組む。
ここで苦痛を感じない程度の時間をおく。
両足を伸ばし、シルシャサナに戻りバランスをとる。
シルシャサナ同様の順でスタートポジションに戻る。

Benefits:このアサナは背部と胸を大きく広げる。骨盤部の血行を良くするため生殖器の問題にはとてもいい。

Other details:シルシャサナとパドマサナに準ずる。

 


 
ショルダースタンド

肩立のポーズ【逆転のヨガ・アサナ4】

肩立のポーズ-ショルダースタンドやり方説明。甲状腺に関する問題、インポテンス、子宮脱、陰嚢腫、更年期障害、月経異常などのヨガセラピーとして。胸腺への刺激にもなり、免疫を高めてくれる。

逆転のポーズ

逆転のポーズ【逆転のヨガ・アサナ3】

逆転のポーズやり方説明。身体を床に仰向けにする。両足を閉じ、全身まっすぐに。両手は身体の横で、掌を床に伏せておく。全身リラックスさせる。両足を閉じてまっすぐにしたままで、上にあげていき、頭の方へ持っていく。

鋤のポーズ

鋤のポーズ【逆転のヨガ・アサナ7】

鋤のポーズやり方説明。脊髄神経を調節し、交感・副交感神経の働きを整える。全身の血行をよくする。甲状腺へ働きかけ、全身の新陳代謝をよくする。同様に、胸腺へ働きかけ、免疫力を高める。

頭立蓮のポーズ【逆転のヨガ・アサナ14】

頭立蓮のポーズやり方説明。シルシャサナをとる。バランスがしっかり取れたところで、ゆっくりと両足でパドマサナを組む。ここで苦痛を感じない程度の時間をおく。骨盤部の血行を良くするため生殖器の問題にはとてもいい。

蓮肩立ポーズ

蓮肩立ポーズ【逆転のヨガ・アサナ5】

蓮肩立ポーズやり方説明。このアサナは、特に骨盤部と内臓にストレッチとマッサージ効果を与えることができる。サルヴァンガサナをとる。最終ポジションで両足をパドマサナにする。