速スクワットのポーズ【立位のアサナのヨガ9】

立位のアサナをご紹介します《速スクワットポーズ》

立位のヨガ・アサナ Standing Asanas 立位のヨガ・アサナ Standing Asanas
 

 

ドゥルタ・ウタカタサナ DRUTA UTKATASANA
द्रुत उत्कटासन

《速スクワットポーズ》

 
速スクワットポーズ
 

両足そろえて直立する。胸の前で合掌する。
息を吸いながら、合掌した両手を頭上に持ち上げる。
息を吐きながら、ゆっくりと膝をまげ腰をおろしていく。
両足先と両膝は常に接していること。

Stage1:床から約30cm上まで腰をおろす。
息を吐きながら、膝をのばして立ち上がり、元のポジションにもどる。

Stage2:同じことをくりかえすが、今度は床から約50cm上まで腰をおろす。
膝をのばして立ち上がり、元のポジションにもどる。

Stage3:同じことをくりかえすが、今度は腰が床につくまでおろす。
膝をのばして立ち上がり、元のポジションにもどる。

Breathing:腰をおろしながら呼気。腰を上げながら吸気。

Contra-indicationウッタナサナと同じ。

Benefits:このアサナで背中と足の筋肉が鍛えられる。
定期的にこのエクササイズを行うことで、坐骨神経痛や椎間板ヘルニアなどの腰痛予防になる。
普段、座っている時間が長い人は、毎日行うといい。

Practice note:このアサはで足首、膝、腿をストレッチさせる。
柔軟性が養われて、アキレス腱が鍛えられてきたら、つま先立ちで行うこともできる。

 


 
倍角のポーズ

倍角のポーズ【立位のアサナのヨガ11】

倍角のポーズやり方説明。DWIKONASANA द्विकोणासन このアサナは胸部と頚部を鍛える。とくに成長期の若年者にとてもいいエクササイズである。直立した時に吸気。上半身を前にたおしながら呼気。上半身を起こしながら吸気。

速スクワットのポーズ【立位のアサナのヨガ9】

速スクワットポーズやり方説明。このアサナで背中と足の筋肉が鍛えられる。定期的にこのエクササイズを行うことで、坐骨神経痛や椎間板ヘルニアなどの腰痛予防になる。普段、座っている時間が長い人は、毎日行うといい。

三角のポーズ

三角のポーズ【立位のアサナのヨガ12】

三角のポーズやり方説明。両足を1mくらい開いて直立する。右足の足先を右に向ける。両腕を真横に広げ、肩の高さにもってくる。両腕が一直線になっていること。腰から上を右にたおす。前にひねらないこと、真横に。右の膝は少し曲げてもよい。

揺れるヤシの木のポーズ

揺れるヤシの木のポーズ【立位のアサナのヨガ4】

揺れるヤシの木のポーズやり方説明。呼吸と動作をシンクロナイズさせ、バランスをとることに。ムーラダラチャクラまたはマニプラチャクラに。つま先立ちでバランスを取りながら行う。

立位のヨガアサナ

【立位のアサナのヨガ】ヨガ・セラピー

立位のヨガ・アサナ Standing Asanas 座っている時間が長い人、背部のこりや痛みがある人などにはとてもいいエクササイズである。背部、肩部そして下腿のストレッチと筋力強化作用がある。瞑想中の姿勢で背筋が伸びた状態を保つのを助け、呼吸の容量を増やすことができる。