ヨガ, 立位のヨガ・アサナ

速スクワットのポーズ【立位のアサナのヨガ9】

立位のアサナをご紹介します《速スクワットポーズ》

立位のヨガ・アサナ Standing Asanas 立位のヨガ・アサナ Standing Asanas

 

ドゥルタ・ウタカタサナ DRUTA UTKATASANA
द्रुत उत्कटासन

《速スクワットポーズ》

 
速スクワットポーズ
 

両足そろえて直立する。胸の前で合掌する。
息を吸いながら、合掌した両手を頭上に持ち上げる。
息を吐きながら、ゆっくりと膝をまげ腰をおろしていく。
両足先と両膝は常に接していること。

Stage1:床から約30cm上まで腰をおろす。
息を吐きながら、膝をのばして立ち上がり、元のポジションにもどる。

Stage2:同じことをくりかえすが、今度は床から約50cm上まで腰をおろす。
膝をのばして立ち上がり、元のポジションにもどる。

Stage3:同じことをくりかえすが、今度は腰が床につくまでおろす。
膝をのばして立ち上がり、元のポジションにもどる。

Breathing:腰をおろしながら呼気。腰を上げながら吸気。

Contra-indicationウッタナサナと同じ。

Benefits:このアサナで背中と足の筋肉が鍛えられる。
定期的にこのエクササイズを行うことで、坐骨神経痛や椎間板ヘルニアなどの腰痛予防になる。
普段、座っている時間が長い人は、毎日行うといい。

Practice note:このアサはで足首、膝、腿をストレッチさせる。
柔軟性が養われて、アキレス腱が鍛えられてきたら、つま先立ちで行うこともできる。

 

蓮肩立ポーズ

蓮肩立ポーズ【逆転のヨガ・アサナ5】

蓮肩立ポーズやり方説明。このアサナは、特に骨盤部と内臓にストレッチとマッサージ効果を与えることができる。サルヴァンガサナをとる。最終ポジションで両足をパドマサナにする。

優位のポーズ

優位のポーズ【リラクゼーションのヨガ3】

ジェスティカサナ優位のポーズのやり方説明。すべての脊髄の不調を訴える人に。特に、首のこり、背中のこり、頸部脊椎炎などに。うつぶせで額を床につけて静止。

アーダ・チャンドラサナ

半月のポーズ【反曲のヨガ・アサナ13】

半月のポーズやり方説明。このアサナは身体全体を弛め、活気づける。特に女性の卵巣、子宮、尿路の問題に対してとてもいいアサナである。首、胸にストレッチを与えるため呼吸器官の問題(風邪、咽頭炎などを含む)にとてもいいエクササイズとなる。

バッタのポーズ

バッタのポーズ【反曲のヨガ・アサナ7】

バッタのポーズやり方説明。このアサナは自律神経に大きく作用する。特に副交換神経を活発にさせる。腰部を鍛え、坐骨神経痛、<腰痛、椎間板ヘルニアにはとてもよい。肝臓など内蔵を整え、胃腸病を軽減させ、食欲を回復させることができる

動的捻転ポーズ

動的捻転ポーズ【捻曲のヨガ・アサナ1】

動的捻転ポーズやり方説明。ビギナーにいい捻曲のアサナである。脊椎をストレッチさせ、脊椎神経を整える。数秒休んで落ち着いたら、同じ動作を繰り返す。マニプラ・チャクラに。