速スクワットのポーズ【立位のアサナのヨガ9】

速スクワットポーズ

スポンサーリンク

立位のアサナをご紹介します《速スクワットポーズ》

立位のヨガ・アサナ Standing Asanas 立位のヨガ・アサナ Standing Asanas

 

ドゥルタ・ウタカタサナ DRUTA UTKATASANA
द्रुत उत्कटासन

《速スクワットポーズ》

 
速スクワットポーズ
 

両足そろえて直立する。胸の前で合掌する。
息を吸いながら、合掌した両手を頭上に持ち上げる。
息を吐きながら、ゆっくりと膝をまげ腰をおろしていく。
両足先と両膝は常に接していること。

Stage1:床から約30cm上まで腰をおろす。
息を吐きながら、膝をのばして立ち上がり、元のポジションにもどる。

Stage2:同じことをくりかえすが、今度は床から約50cm上まで腰をおろす。
膝をのばして立ち上がり、元のポジションにもどる。

Stage3:同じことをくりかえすが、今度は腰が床につくまでおろす。
膝をのばして立ち上がり、元のポジションにもどる。

Breathing:腰をおろしながら呼気。腰を上げながら吸気。

Contra-indicationウッタナサナと同じ。

Benefits:このアサナで背中と足の筋肉が鍛えられる。
定期的にこのエクササイズを行うことで、坐骨神経痛や椎間板ヘルニアなどの腰痛予防になる。
普段、座っている時間が長い人は、毎日行うといい。

Practice note:このアサはで足首、膝、腿をストレッチさせる。
柔軟性が養われて、アキレス腱が鍛えられてきたら、つま先立ちで行うこともできる。

 

胴体捻りのポーズ
スポンサーリンク

胴体捻りのポーズ【立位のアサナのヨガ5】

胴体捻りのポーズやり方説明。このアサナでウエスト、背部、腰部の状態を整える。特に悪姿勢による背部の緊張をほぐし弛めることができる。スウングによる動作で心と体を軽くし日々の緊張をやわらげることができる。

猫の伸びのポーズ

猫の伸びのポーズ(マルジャリ・アサナ)【ヴァジラサナのヨガ7】

猫の伸びのポーズやり方説明。このアサナは女性生殖器を健康にたもち、月経異常や白帯下などによく、生理中には生理痛をやわらげてくれる。呼吸と動作がシンクロナイズするように。脊柱の柔軟性に。

半脊柱捻曲のポーズ

【捻曲のヨガアサナ】ヨガ・セラピー

捻曲のアサナは腹部、臍周りのプラナを活発にさせる。また、人生においてのわだかまりや困難に向き合うことを象徴している。これらのアナサによって人生のもつれをほどきやすくし、またスムーズに取り組みできるような観点を得られるようになる

クリシュナ神のポーズ

クリシュナ神のポーズ【均衡のアサナのヨガ2】

クリシュナ神の-ナタヴァラサナ-NATAVARASANA このアサナでは最初から最後まで自然呼吸。集中力を養い、精神統一に役立つ。左右入れ替えて同じ動作を繰り返す。

弓引のポーズ

弓引のポーズ【反曲のヨガ・アサナ11】

ホーム » ヨガ・セラピー » 反曲のアサナ » 弓引のポーズ スポンサーリンク 反曲のヨガ・アサナをご紹介します《弓引のポーズ》   プールナ・ダヌラサナ POORNA DHANURASANA पूर्ण धनुरासन 《弓引のポーズ》     うつ伏せになり、両膝を曲げる。人差し指と中指で足の親指をつかむ。これがスタートポジション。頭、胸、腿を上げ、足先がなるべく頭の近くにくるようにする。両肘は上を向いていること。この最終ポジションでは全身が弓矢を引いているときの弓のようにストレッチされていること。このポーズで苦痛を感じない程度でできるだけ時間をとる。ゆっくりと指を足から放し、スタートポジションに戻る。うつ伏せで呼吸が落ち着くまでリラックスさせる。 Breathing:スタートポジションで深く吸気。体を上げながら呼吸を止める。最終ポジションでは呼吸を止めるか、もしくは深い呼吸を。体を下げながら呼気。 Awareness:Physical-腹部もしくは背部に。 Spiritual- マニプラ・チャクラ に。 Contra-indications:このアサナは上級者、柔軟性の高い人のみ行うこと。 Benefits:ダヌラサナ とほぼ同じだが、より高い効果が得られる。  

Copied title and URL