【捻曲のヨガアサナ】ヨガ・セラピー

捻曲のヨガ・アサナをご紹介します《ヨガ・セラピー》

捻曲のヨガ・アサナ Spinal Twisting Asanas 捻曲のヨガ・アサナ Spinal Twisting Asanas


▪ メル・ヴェカラサナ MERU WAKRASANA
▪ ブ・ナマナサナ BHU NAMANASANA
▪ アーダマツイェンドラサナ ARDHA MATSYENDRASANA
▪ パリヴリッティ・ジャヌ・シルシャサナ PARIVRITTI JANU SIRSHASANA

 

毎回行うアサナプログラムには、少なくとも一つは、このシリーズの中の捻曲のアサナを取り入れるべきで、前曲のアサナ反曲のアサナ とを続けて行うといい。
捻曲のアサナは腹部、臍周りのプラナを活発にさせる。
このプラナが膵臓、腎臓、胃、小腸、肝臓、胆嚢に滋養を与え、機能を高め、調整を行う。
またこの部分はマニプラ・チャクラと関係しており、全身を潤す重要なナディとプラナの通り路が叢をなしている。
これにより捻曲のアサナは全身の健康と生命力に働きかけることができる。
また、捻曲のアサナは、人生においてのわだかまりや困難に向き合うことを象徴している。
多くの人にとって人生は複雑であり、とても乗り越えられないと思う問題を抱えていたりする。
これらのアナサによって人生のもつれをほどきやすくし、またスムーズに取り組みできるような観点を得られるようになる。