アーダ・マツイェンドラサナ【捻曲のヨガ・アサナ3】

半脊柱捻曲のポーズ

スポンサーリンク

リラクゼーションのアサナをご紹介します《半脊柱捻曲のポーズ》

捻曲のヨガ・アサナ Spinal Twisting Asanas 捻曲のヨガ・アサナ Spinal Twisting Asanas

 

アーダ・マツイェンドラサナナ ARDHA MATSYENDRASANA
अर्धमत्स्येन्द्रासन

《半脊柱捻曲のポーズ》

 
半脊柱捻曲のポーズ
 

両足を前に伸ばして床に座る。
右膝を立て、右足首を左膝の外側にクロスさせておく。右足先は正面を向いていること。
左膝を曲げ、あぐらをかくように足先を右尻の近くに持ってくる。
左手を右膝と胸の間に伸ばし、右足先または右足首をつかむ。
右膝が左脇近くにくることになる。体軸はなるべく真っ直ぐにさせておく。
右手を前に出し肩の高さまで上げ、目線を右指先に持ってくる。
ゆっくりと体幹と頭と右手を右に捻っていく。
目線は指先を追っていき、最終的には右肩ごし遠くに持っていく。
背中は力を入れず、左手を右足に押すようにして捻る。
右手は背中に回し、左ウエストにおく。
ゆっくりほどいて元のポジションに戻り、反対側で同じ動作を繰り返す。

Breathing:正面を向いているとき吸気。体幹を捻りながら呼気。最終ポジションでは深くゆっくりと呼吸。元のポジションに戻りながら吸気。

Duration:両側1回づつ行う。徐々に最終ポジションでの時間を1~2分に伸ばしていく(または30呼吸)。

Awareness:Physical- 背筋を真っ直ぐにしておくことに。最終ポジションでの腹式呼吸に。
Spiritual- アジナ・チャクラ に。

Sequence前曲のアサナ反曲のアサナ の後に。

Contra-indications:妊娠している女性はこのアサナを行わないこと。消化管潰瘍、ヘルニア、甲状腺機能亢進症 などの人は専門の指導のもとで行うこと。坐骨神経痛椎間板ヘルニア などにはとても効果が期待できるが、慎重に行う必要がある。

Benefits:このアサナは腰痛にはとてもいい。腹部のマッサージ効果もあり消化器管を調節できる。アドレナリンや胆汁などの内分泌を調整させ、糖尿病の管理にも用いることができる。副鼻腔炎花粉症便秘気管支炎腸炎生理に関する問題、泌尿器管の問題などでも同様に専門の指導のもとで用いることができる。

Variation:初心者や体が特に堅い人は、片足を曲げず、前に伸ばしたまま行ってもよい。足首に手が届かなければ膝を胸につけて抱えこむようにする。

 

スポンサーリンク

満コブラのポーズ【反曲のヨガ・アサナ4】

満コブラのポーズやり方説明。このアサナは大人、もしくは12歳以上の年齢に達していることが望ましい。両膝を曲げ、足先を上げる。頭、首、肩をさらに後ろにストレッチさせ、頭部が足指か足裏につくようにする

手足親指ストレッチポーズ – ウッテュタ・ハスタ・パダングスタサナ【均衡のアサナのヨガ7】

手足親指ストレッチポーズやり方説明。集中力を養い、筋を鍛え神経のバランスを整える。特に腰部、下肢。足親指をつかみながら吸気。片足を前に伸ばしながら呼気と吸気。足を前から上に持ち上げながら呼気。

立位のアサナ直角のポーズ

直角のポーズ【立位のアサナのヨガ10】

直角のポーズやり方説明。初心者には最終ポジションをキープするのが難しいかもしれない。イスなど使って腕をサポートするといい。アナハタ・チャクラに。最終ポジションで呼吸を止める。上半身をおこしながら吸気。

逆転のヨガ・アサナ

頭立蓮のポーズ【逆転のヨガ・アサナ14】

頭立蓮のポーズやり方説明。シルシャサナをとる。バランスがしっかり取れたところで、ゆっくりと両足でパドマサナを組む。ここで苦痛を感じない程度の時間をおく。骨盤部の血行を良くするため生殖器の問題にはとてもいい。

立位頭部膝間ポーズ【前曲のヨガ・アサナ11】

ホーム » ヨガ・セラピー » 前曲のアサナ » 立位頭部膝間ポーズ スポンサーリンク 前曲のアサナをご紹介します《立位頭部膝間ポーズ》   ウッティタ・ジャヌ・シルシャサナ UTTHITA JANU SIRSHASANAउत्थित जानु शीर्षसन 《立位頭部膝間ポーズ》     両足を肩幅に開いて立つ。両腕は横におき、目線は正面。これがスタートポジション。両腕を前に伸ばし、肩の高さで止める。上半身を腰から前に倒していく。両手をふくらはぎに回し、片方の手で反対側の手首をつかむ。肘を曲げるようにして両腕で上半身を引き、頭を両膝の間にもってくる。両膝が曲がらないようにし、無理をしないこと。このポジションで苦痛を感じない程度の時間をとる。手をほどき、ゆっくり上半身を起こしながら、両腕を肩の高さまで前に伸ばす。両手を脇におろし、スタートポジションに戻る。5ラウンドまで。 Breathing:腕を前に伸ばしながら吸気。身体を前に倒す前に呼気。身体を前に倒しながらと、最終ポジションで呼吸を止める。身体を起こしながら吸気。腕をおろしながら呼気。 Awareness:Physical- 動作と呼吸のシンクロナイズに、背部を弛めることと膝を曲げないようにすることに。 Spiritual- スヴァディスタナ・チャクラ に。 Sequence: このアサナの後に サルパサナ、セトゥアサナ、ダヌラサナ などの 反曲のアサナ を続けて行うとよい。 Benefits:このアサナは膵臓を強化させる。腰部、ハムストリングを弛め、脊髄神経にマッサージ効果をもたらす。頭部への血行を良くし、脳を活性化させることができる。     両足を肩幅に開いて立つ。上半身を腰から倒していき、両腕を膝に回す、膝を少し曲げる。両肘を横に出し、腕が床と平行になるようにする。上半身を引き寄せ、両手を首の後ろに持っていき、指を組み合わせる。背部をリラックスさせる。無理せず、やや膝を伸ばす。目線は真後ろ。これが最終ポジション、数秒で十分である。戻る時は、まず膝を曲げ、手をほどき、ゆっくり上体を起こす。 Breathing:上半身を前に倒す前に呼気。首の後ろで指を組む前に吸気。膝を伸ばしながら呼気。最終ポジションで呼吸を止めるか、自然呼吸。上体を起こしながら吸気。  

Copied title and URL